スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

「プリウス」(2018/12MC)おすすめグレードを考えてみる

「プリウス」は近年にまれなワイドセレクションを展開し、グレードも多彩で価格もベーシッモデルの2,518,560円から、最上位グレードの3,284,280円まで70万円を超える差があります。この多くのグレードの中から用途に合わせたおすすめモデルを考えてみます。

ホンダ「ヴェゼルTOURING」試乗してみた

ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」に “TOURING”が追加されました。「ヴェゼル “TOURING”」は1.5LVTEC+ターボエンジンを搭載したモデルで、これまで「ヴェゼル」にはなかったハイパワースポーティグレードです。「ヴェゼル」に積まれるターボエンジンはどのような走りをみせるのでしょうか。

トヨタ「プリウス」ホンダ「シビック」比較してみた

2018年12月にマイナーチェンジを行った「プリウス」と、2017年9月に7年ぶりに国内へ回帰した「シビック」を比較してみます。「プリウス」「シビック」はともにCセグメントに属する車で、全長は4.5mを超え全幅は1.7mを超える大きめのサイズです。「プリウス」と「シビック」の長所と短所を考えてみます。

トヨタ新型「プリウス」(2018/12MC)試乗してみた

トヨタの元祖ハイブリッドカー「プリウス」が、2018年12月にマイナーチェンジを行い登場しました。今回は不評とされるスタイリングの変更に大きな力が注がれ、親しみ易を増すことが大きなテーマとなっています。先鋭過ぎた4代目「プリウス」が、どのように変化したのか試乗で確かめてみました。

「スペーシア ギア」「スペーシア カスタム」比較してみた

スズキの軽スーパーハイトワゴンに新たに加えられた「スペーシア ギア」と、「スペーシア カスタム」を比較してみます。「スペーシア ギア」はこれまでにない、軽スーパーハイトワゴンSUVで、ワイルドでタフな外観をもち、「スペーシア カスタム」はエアロパーツを装備した、押出しの強さが特徴のモデルです。

2018年前期予防安全性能6位~11位を発表

独立行政法人自動車事故対策機構が、2018年度前期予防安全性能アセスメントを発表しています。試験に用いられた車両は11車種で得点により予防安全性能を評価しています。ここでは予防安全性能評価6位~11位の車種を紹介しその内容を詳しくお伝えしています。

AIG損保が子どもの事故防止地図サービスの提供を開始

AIG損保が子どもの交通事故防止につなげようと、事故発生場所がわかる地図の提供を始めました。この地図サービスは「あんぜんmyマップ」と呼ばれるもので、交通事故総合分析センターのデータを基にした、全国の交通事故発生場所を表示することが可能です。事故情報には年齢、発生回数などのリスクを、わかりやすく表示しています。

トヨタ「カローラスポーツ」2018年前期予防安全性能最高得点を獲得

独立行政法人自動車事故対策機構が、2018年前期の自動車アセスメントを発表しました。2018年度の予防安全性能アセスメントでは、これまでの試験項目に加えて、夜間での被害軽減ブレーキ試験と、ペダル踏み間違い時加速抑制装置試験が取り入れられ、より実際の使用に近づいた性能評価になっています。

トヨタ・ダイハツ車の踏み間違い加速抑制装置が後付け可能に

トヨタ自動車とダイハツ工業は、駐車場などから発進時の事故防止や被害を軽減する、「踏み間違い加速抑制システム」を発売すると発表しました。これまで、このようなドライバー支援の機能は、車を購入する場合に取付ける必要がありましたが、これにより購入後でも取り付け可能となりました。

スズキ「ジムニー」のグレードを用途に合わせ考えてみた

スズキ「ジムニー」の4代目は2018年7月に登場しましたが、予想を超える人気に生産が追い付かない状況が続き、納車まで1年程度もかかるという人気ぶりです。この人気を博している4代目「ジムニー」ですが、グレードはシンプルな3モデルで構成されています。それぞれのグレード装備を比較し違いを確かめてみます。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル