トヨタ「C-HR」試乗してみた

トヨタTNGAを採用する第2弾コンパクトSUV「C-HR」が登場しました。「C-HR」の開発コンセプトは、格好と走りが全てと言う尖がった車です。スタイルはスケッチから飛び出して来たような斬新さで、走りは欧州の国道やサーキットまでも徹底的に走り込んでいます。この個性的で野心的な「C-HR」に試乗してみました。

トヨタ「C-HR」見積りしてみた

トヨタから「C-HR」いよいよ登場しました。このクラスのSUVをもたなかったトヨタが、満を持して送り出して来たのが、スタイリッシュなSUV「C-HR」です。現在多くのバックオーダーを抱えている「C-HR」ですが、乗り出しの価格はどれ程になるのか、見積もりをとってみました。

スズキ「ソリオ バンディット ハイブリッド」トヨタ「ルーミー カスタム G-T」比較してみた

独走を続けるスズキ「ソリオ」に対抗すべく登場したトヨタ「ルーミー」は、これまでライバル不在と言われたAセグメントミニバン「ソリオ」に、真っ向から勝負するサイズです。今回は新たに登場し注目の「ソリオ ハイブリッド」と、ターボを装着した「ルーミー」のトップモデル「カスタム G-T」を比較してみました。

スズキ「ソリオ バンディット ハイブリッド」試乗してみた

スズキ「ソリオ」に待望のハイブリッドモデルが登場しました。ハイブリッドへと進化した「ソリオ」はEV走行を可能としています。トランスミッションにはAGSを採用し、コンパクトなシステムとして重量増を抑えています。ハイブリッドへと進化した「ソリオ」は、マイルドハイブリッドを超えたのでしょうか試乗で確かめてみました。

ダイハツ「トール」試乗してみた

新型のハイトワゴンダイハツ「トール」が登場しました。「トール」は、これまで乗用車クラスにハイトワゴンを持たなかったダイハツが、満を持して送り出したAセグメントの車です。「トール」は軽自動車では満足出来ない又は、狭くなったと思う層を主な顧客と捉えています。ダイハツ初の乗用車ハイトワゴン「トール」試乗してみました

日産「ノート e-POWER」ホンダ「フィットハイブリッド」比較してみた

「ひと踏み惚れ」と加速力をアピールする日産「ノート e-POWER」と、「スポーツハイブリッド」を謳うホンダ「フィットハイブリッド」は、ともにコンパクトカーでスポーツ指向の強いモデルです。「ノート e-POWER」と「フィットハイブリッド」はどのような特長を持ちどこが違うのか、両車の違いを比較してみました。

日産「ノート e-POWER」試乗してみた

日産のコンパクトカー「ノート 」に、シリーズハイブリッドを搭載した「ノート e-POWER」が登場しました。シーリズハイブリッドはモーターのみの駆動で走行するシステムで、エニンジンはモーターに供給する電力を発電することに使われます。モーターのみで走行する「ノート e-POWER」の走りを試乗で確かめてみました。

ヘッドライトはハイビームが基本となっています

車と歩行者の夜間接触死亡事故は96%がロービームで走行中に発生しています。この結果を踏まえ警察庁ではハイビームの利用を呼び掛けていますが、切り替えレバーを頻繁に操作するような状況では億劫になりついついロービームのままで走行しがちです。この頻繫な切り替え操作を自動で行う車種をメーカーごとにピックアップしてみましす

ホンダ「フリード」トヨタ「シエンタ」比較してみた

コンパクトミニバンでライバル関係にある、ホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」。「フリード」のモデルチェンジが遅れ「シエンタ」に独走されていましたが、いよいよ新型車が投入され巻き返しを図っています。待ちに待った新型「フリード」は人気を博している「シエンタ」を超える魅力を備えているのでしょうか。比較してみました。

ホンダ新型「フリード」試乗してみた

「ちょうどいい」サイズのコンパクトミニバン「フリード」が、フルモデルチェンジされ新型が登場しました。新型の「フリード」はコンパクトミニバンのハイブリッドモデルに4WDが初めて用意されるなどシリーズの強化を図っています。全長を伸ばし室内の居住性も改善した新型「フリード」の試乗を行い進化を確かめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告