スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

トヨタ「カローラスポーツ」2018年前期予防安全性能最高得点を獲得

独立行政法人自動車事故対策機構が、2018年前期の自動車アセスメントを発表しました。2018年度の予防安全性能アセスメントでは、これまでの試験項目に加えて、夜間での被害軽減ブレーキ試験と、ペダル踏み間違い時加速抑制装置試験が取り入れられ、より実際の使用に近づいた性能評価になっています。

トヨタ・ダイハツ車の踏み間違い加速抑制装置が後付け可能に

トヨタ自動車とダイハツ工業は、駐車場などから発進時の事故防止や被害を軽減する、「踏み間違い加速抑制システム」を発売すると発表しました。これまで、このようなドライバー支援の機能は、車を購入する場合に取付ける必要がありましたが、これにより購入後でも取り付け可能となりました。

スズキ「ジムニー」のグレードを用途に合わせ考えてみた

スズキ「ジムニー」の4代目は2018年7月に登場しましたが、予想を超える人気に生産が追い付かない状況が続き、納車まで1年程度もかかるという人気ぶりです。この人気を博している4代目「ジムニー」ですが、グレードはシンプルな3モデルで構成されています。それぞれのグレード装備を比較し違いを確かめてみます。

トヨタ「RAV4」2019年春に国内登場

トヨタの5代目となる「RAV4」が2019年春に国内での販売を開始します。「RAV4」は1994年に初代が、乗用車ベースのプラットフォームを使用した、クロスオーバーSUVとして登場しました。ラダーフレームを使用しない都市型のSUVでは、先駆者となる「RAV4」ですが、4代目から国内での販売は見送られていました。

スズキ「ハスラー」おすすめグレードを考えてみる(2018/11)

スズキの「ハスラー」が特別仕様車“Wanderer”を追加と同時に、グレードの一部仕様変更を行いました。新しくなったトップグレード “J” と、デュアルカメラブレーキを備える “G”、さらに特別仕様車 “Wanderer” の装備と価格を比較し、おすすめグレードを考えてみます。

スズキとカシオがコラボした「ハスラー」Wanderer登場

スズキ「ハスラー」に特別仕様車“Wanderer”が登場しました。「ハスラー」“Wanderer”はスズキ自動車と、カシオ計算機によるコラボ企画で誕生し、コンセプトは自由気ままな旅とされ、アウトドアライフを意識した仕様です。これまでにない2トーンのボディカラー4タイプと、ウッド調のインパネは暖かさを感じさせます

トヨタ新型「カローラ セダン」を広州モーターショーで発表

トヨタが中国の広州モーターショーにおいて、新しい「カローラ セダン」を発表しました。登場した新型「カローラセダン」は、「カローラスポーツ」「カローラツーリングスポーツ」とイメージを共用し、鋭いヘッドランプのフロントに、ボリュームのあるリアが組み合わされ前傾姿勢のスタイルとなっています。

スズキ「スイフト」XRリミテッドのお買い得度を考えてみる

スズキのコンパクトハッチバック「スイフト」に特別仕様車“XR”リミテッドが追加されました。“XR”リミテッドはベーシックグレード“XG”をベースに、スポーティなテイストで仕上げられた特別仕様車です。“XG”リミテッドに続き登場した特別仕様車“XR”リミテッドのお買い得度を考えてみます。

スズキ「スペーシア ギア」試乗してみた

スズキから軽スーパーハイトワゴンのSUV「スペーシア ギア」が登場しました。「スペーシア ギア」は文字通りに、「スペーシア」をベースに造られていますが、これまでありそうでなかったタイプの軽自動車SUVは、注目を集めておりスズキのワイルド路線戦略が光る車です。

ホンダ「インサイト」トヨタ「カムリ」比較してみた

セダンの復権を目指すホンダ「インサイト」とトヨタ「カムリ」を比較してみます。「インサイト」「カムリ」はともにミドルクラスのセダンで大きさもほぼ同じサイズです。ハイブリッドシステムを搭載する両車は、どのような違いを見せるのでしょうか。造られたコンセプトや走りの違いを確かめてみます。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル