スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

ホンダ「インサイト」トヨタ「カムリ」比較してみた

セダンの復権を目指すホンダ「インサイト」とトヨタ「カムリ」を比較してみます。「インサイト」「カムリ」はともにミドルクラスのセダンで大きさもほぼ同じサイズです。ハイブリッドシステムを搭載する両車は、どのような違いを見せるのでしょうか。造られたコンセプトや走りの違いを確かめてみます。

ホンダ新型「インサイト」試乗してみた

ホンダの新型「インサイト」が4年の空白期間を経て国内ヘと回帰し、2018年12月14日に販売が開始されました。新型「インサイト」は先代の5ナンバーサイズ5ドアハッチバックから、堂々とした3ナンバーサイズの4ドアセダンに生まれ変わりました。大きく変貌を遂げた「インサイト」は、どんな魅力を備えているのでしょうか。

スズキ「ワゴンR」25周年特別仕様車のお買い得度を検証

スズキ「ワゴンR」が誕生25周年を記念し特別仕様車を発売します。特別仕様車はHYBRID FX リミテッド、HYBRID FZ リミテッド、「スティングレー」HYBRID X リミテッドとして設定されます。3タイプの特別仕様車の装備を検証し、お買い得な車に仕上げられているのか確かめてみます。

トヨタのつながる車「コネクティッドカー」は何ができるのか

トヨタ初となるコネクティッドカー「クラウン」と「カローラスポーツ」は、DCMと呼ばれる専用通信機を搭載しつながることで、さまざまな機能と情報を提供し、ユーザーのサポートを行います。これからのスタンダードとなるつながるクルマは、ユーザーにどのような利便性をもたらしてくれるのでしょうか。

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)試乗してみた

トヨタのコンパクトハッチ「パッソ」が、マイナーチェンジを行い登場しました。「パッソ」はトヨタが扱う乗用車の中では、最も小さな車で製造はダイハツが行い、ダイハツは「ブーン」として販売しています。今回のマイナーチェンジでは、フロンント、リアの意匠変更と、スマートアシストⅢの搭載が大きな変更となっています。

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)お買い得グレードを考えてみる

2016年に登場した3代目のトヨタ「パッソ」が、2018年10月に存在感を高めるマイナーチェンジを行いました。「パッソ」はトヨタのボトムレンジを担う、コンパクトスモールカーですが、開発と製造はダイハツが行い、軽自動車の技術を使い小型車を作り上げています。お得な価格の「パッソ」のお買い得グレードを考えてみます。

ダイハツ「ミライース」2017年度予防安全性能評価を考えてみる

ダイハツ「ミライース」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。「ミライース」に搭載される予防安全システムは、スマートアシストⅢでソナーセンサーと、ステレオカメラを組み合わせたシステムです。3代目に発展したスマートアシストⅢの性能は、どのような評価を獲得したのでしょうか

スバル「インップレッサ」の予防安全性能を考えてみる

スバル「インップレッサ」の2016年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されています。「インップレッサ」のアイサイトはVer.3へと進化し、性能と機能を向上させていますが、性能評価試験ではどのような結果を残したのか興味が湧きます。ぶつからない車?はその真価を証明できたのでしょうか。

ダイハツ「トコット」値引交渉してみた

ダイハツの新型車「トコット」の値引交渉を行ってみました。「トコット」は女性向けた車と思われていますが、飾らないシンプルなスタイルは、男性でも抵抗なく乗れる車に仕上がっています。「ミライース」とは違う新しい価値観をもつベシックカー「トコット」の値引額を調べてみます。

スズキ「スイフト」2017年度予防安全性能を考えてみる

スズキ「スイフト」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。「スイフト」に搭載されるのは、デュアルセンサーブレーキサポートと呼ばれるシステムで、単眼カメラとレーザーレーダーにより、障害物を認知し衝突を回避し被害を軽減させるものです。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル