スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)試乗してみた

トヨタのコンパクトハッチ「パッソ」が、マイナーチェンジを行い登場しました。「パッソ」はトヨタが扱う乗用車の中では、最も小さな車で製造はダイハツが行い、ダイハツは「ブーン」として販売しています。今回のマイナーチェンジでは、フロンント、リアの意匠変更と、スマートアシストⅢの搭載が大きな変更となっています。

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)お買い得グレードを考えてみる

2016年に登場した3代目のトヨタ「パッソ」が、2018年10月に存在感を高めるマイナーチェンジを行いました。「パッソ」はトヨタのボトムレンジを担う、コンパクトスモールカーですが、開発と製造はダイハツが行い、軽自動車の技術を使い小型車を作り上げています。お得な価格の「パッソ」のお買い得グレードを考えてみます。

ダイハツ「ミライース」2017年度予防安全性能評価を考えてみる

ダイハツ「ミライース」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。「ミライース」に搭載される予防安全システムは、スマートアシストⅢでソナーセンサーと、ステレオカメラを組み合わせたシステムです。3代目に発展したスマートアシストⅢの性能は、どのような評価を獲得したのでしょうか

スバル「インップレッサ」の予防安全性能を考えてみる

スバル「インップレッサ」の2016年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されています。「インップレッサ」のアイサイトはVer.3へと進化し、性能と機能を向上させていますが、性能評価試験ではどのような結果を残したのか興味が湧きます。ぶつからない車?はその真価を証明できたのでしょうか。

ダイハツ「トコット」値引交渉してみた

ダイハツの新型車「トコット」の値引交渉を行ってみました。「トコット」は女性向けた車と思われていますが、飾らないシンプルなスタイルは、男性でも抵抗なく乗れる車に仕上がっています。「ミライース」とは違う新しい価値観をもつベシックカー「トコット」の値引額を調べてみます。

スズキ「スイフト」2017年度予防安全性能を考えてみる

スズキ「スイフト」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。「スイフト」に搭載されるのは、デュアルセンサーブレーキサポートと呼ばれるシステムで、単眼カメラとレーザーレーダーにより、障害物を認知し衝突を回避し被害を軽減させるものです。

トヨタ「86」試乗してみた

2012年にFRレイアウトのスポーツカーとして登場し、2018年で6年目を迎えるトヨタ「86」に試乗してみました。「86」は長らくトヨタに欠落していた、若者にアピールする車を復活させたモデルで、スバルとの共同開発により誕生しました。ワイドで背の低いスタイルは、シャープなグローバルで通用するデザインです。

「カローラスポーツ」「C-HR」比較してみた

3ナンバーサイズで登場した「カローラスポーツ」と、コンパクトSUV NO.1の人気を誇る「C-HR」を比べてみます。「カローラスポーツ」「C-HR」は同じプラットフォームを採用し、パワートレインも同じライナップです。基本が同じ仕様の「カローラスポーツ」と、「C-HR」ドライブして楽しいのはどちらなのでしょうか。

ダイハツリミテッドシリーズのお買い得度を検証してみる

ダイハツがおとくなリミテッド仕様車を、6つの車種に設定し発売しました。リミテッド仕様が追加されたのは、「ウェイク」「タントカスタム」「キャンバス」「ミライース」「ムーヴ」「キャスト」の6つの車種です。今回のリミテッド仕様は、いずれもスマートアシストⅢ搭載車がベースグレードとなり、特別装備が追加されます。

スバル「フォレスター」ホンダ「CR-V」比較してみた

「フォレスター」と「CR-V」はともに海外での販売が、大きな比率を占めるミドルサイズのSUVです。「フォレスター」は6年振りに、フルモデルチェンジを行い5代目が登場し、「CR-V」は2年振りに国内へと回帰しています。海外で高い人気を誇るSUV「フォレスター」と「CR-V」を比較してみます。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル