スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

「カローラスポーツ」「C-HR」比較してみた

3ナンバーサイズで登場した「カローラスポーツ」と、コンパクトSUV NO.1の人気を誇る「C-HR」を比べてみます。「カローラスポーツ」「C-HR」は同じプラットフォームを採用し、パワートレインも同じライナップです。基本が同じ仕様の「カローラスポーツ」と、「C-HR」ドライブして楽しいのはどちらなのでしょうか。

ダイハツリミテッドシリーズのお買い得度を検証してみる

ダイハツがおとくなリミテッド仕様車を、6つの車種に設定し発売しました。リミテッド仕様が追加されたのは、「ウェイク」「タントカスタム」「キャンバス」「ミライース」「ムーヴ」「キャスト」の6つの車種です。今回のリミテッド仕様は、いずれもスマートアシストⅢ搭載車がベースグレードとなり、特別装備が追加されます。

スバル「フォレスター」ホンダ「CR-V」比較してみた

「フォレスター」と「CR-V」はともに海外での販売が、大きな比率を占めるミドルサイズのSUVです。「フォレスター」は6年振りに、フルモデルチェンジを行い5代目が登場し、「CR-V」は2年振りに国内へと回帰しています。海外で高い人気を誇るSUV「フォレスター」と「CR-V」を比較してみます。

ホンダ「N-BOX」カッパーブラウンスタイル登場

今、日本で最も売れている車「N-BOX」に、特別仕様車カッパーブラウンスタイルが登場しました。軽スーパーハイトワゴンは背の高いスタイルから、実用車的な雰囲気が漂いますが、「N-BOX」カッパーブラウンスタイルは、近年流行するカッパーカラーを使い、エレガントで気品漂う仕様に仕上げています。

ダイハツ「トコット」の個性を引き出す3つのスタイル

新しいベーシックカーとしてダイハツが提案する「トコット」は、セットオプションとされた、3つのスタイルパッケージを用意しています。このパッケージはアナザースタイルパッケージと呼ばれ、スィートスタイル、エレガントスタイル、クールスタイルで構成され、「トコット」をさりげなく個性的なクルマに仕上げています。

スズキ「ジムニー」値引交渉してみた

20年振りのフルモデルチェンジとなった新型「ジムニー」の値引交渉を行いました。新型「ジムニー」は、原点回帰したスタイルが特徴で、多くのジムニストがこれを好意的に受け入れ、熱い視線を送っています。多くの話題と注目を集め登場間もない「ジムニー」は、どの程度の値引が可能なのでしょうか。

損保各社のスマートフォンアプリを比較してみる

損保会社は事故が発生した場合や、ロードサービス要請時の連絡を簡略化するため、スマートフォンアプリによる通知サービスを提供しています。スマートフォンアプリに契約者情報を入力しておくと、その情報が保険会社へと送信され、即座に対応の手順へと進むことができます。損保各社のスマートフォンアプリの機能を比較してみます。

ホンダ「N-VAN」見積り交渉してみた

ホンダの新しい軽商用車バン「N-VAN」の、見積り交渉を行ってみました。「N-VAN」はこれまでの軽バンとは違い、人にも優しい商用車として開発され、低いフロアやピラーレスの開口部としたスライドドアなど、多くのアイデアを積み込んでいます。パーソナルユースにも対応した軽バン「N-VAN」の値引額を調べてみました。

スバル新型「フォレスター」(2018/7FMC)試乗してみた

スバル「フォレスター」が6年ぶりにフルモデルチェンジを行い、5代目となる新型モデルが登場しました。新型「フォレスター」は先代のイメージを残す、キープコンセプトのスタイルを踏襲していますが、パワーユニットには初となるハイブリッドモデルを用意しています。力強いフォルムで仕上げられた「フォレスター」試乗してみました。

テレマティクス(ドライブレコーダー)特約を比較してみる

事故発生時の迅速な対応と、その原因特定などを目的として、損保会社ではテレマティクス端末を利用した特約を発売しています。テレマティクス端末は事故時の通報や記録だけでなく、ドライブ中の安全運転支援を行う機能などがあります。テレマティクス端末を利用して、損保各社が提供するサービスの違いを比較してみます。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル