スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

交通事故紛争を解決する3つの方法

交通事故の紛争問題を解決する方法として、示談、調停またはADR、裁判の3つの方法があります。多くの紛争は示談で解決が図られていますが、示談で解決できない場合は調停またはADR、裁判と進むことになります。この示談、調停・ADR、裁判での解決には、それぞれメリットとデメリットが存在します。

スズキ「ワゴンR」25周年特別仕様車のお買い得度を検証

スズキ「ワゴンR」が誕生25周年を記念し特別仕様車を発売します。特別仕様車はHYBRID FX リミテッド、HYBRID FZ リミテッド、「スティングレー」HYBRID X リミテッドとして設定されます。3タイプの特別仕様車の装備を検証し、お買い得な車に仕上げられているのか確かめてみます。

交通事故発生から解決までの流れ

交通事故はその内容により問われる責任が変わり、民事上の責任、行政上の責任、刑事上の責任を負い、解決されるまではその責任を問われることになります。しかし、実際に起こった事故では、加害者、被害者の認定が困難な場合も多く、その場合は複雑な経緯を辿り、解決が図られることになります。

トヨタのつながる車「コネクティッドカー」は何ができるのか

トヨタ初となるコネクティッドカー「クラウン」と「カローラスポーツ」は、DCMと呼ばれる専用通信機を搭載しつながることで、さまざまな機能と情報を提供し、ユーザーのサポートを行います。これからのスタンダードとなるつながるクルマは、ユーザーにどのような利便性をもたらしてくれるのでしょうか。

乗ってる車の車両料率クラスで保険料が変わる

自動車保険の保険料は、補償の条件や等級などにより決まりますが、同じ補償と等級でも契約する車両により保険料が変わります。これは各車両ごとの事故発生率リスクの高さが集計がされて、保険料に反映されているためです。そのため事故率の高い車両に乗っていると、保険料が高くなってしまいます。

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)試乗してみた

トヨタのコンパクトハッチ「パッソ」が、マイナーチェンジを行い登場しました。「パッソ」はトヨタが扱う乗用車の中では、最も小さな車で製造はダイハツが行い、ダイハツは「ブーン」として販売しています。今回のマイナーチェンジでは、フロンント、リアの意匠変更と、スマートアシストⅢの搭載が大きな変更となっています。

自動車保険は解約しても中断手続ができる

車の運転をしばらく行わないような場合や、車を売却したまたは廃車にしたなどのときは、自動車保険は中断手続きができます。自動保険を解約してしまうと、割引等級を引き継げませんが、中断手続きを行うと等級はそのままで、保険を維持することができます。新たに車を購入する場合に備えて、保険は中断手続きを利用することが大切です。

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)お買い得グレードを考えてみる

2016年に登場した3代目のトヨタ「パッソ」が、2018年10月に存在感を高めるマイナーチェンジを行いました。「パッソ」はトヨタのボトムレンジを担う、コンパクトスモールカーですが、開発と製造はダイハツが行い、軽自動車の技術を使い小型車を作り上げています。お得な価格の「パッソ」のお買い得グレードを考えてみます。

ノンフリート等級による自動車保険の割引率

自動車保険ではノンフリート契約とフリート契約が存在します。保険に加入する車両9台以下の契約者はノンフリート契約になり、10台以上の場合はフリート契約が結ばれます。フリート契約はノンフリート契約よりも保険料が割安になり、契約車両を追加しても保険料の割引が、他の車両と変わらないなどのメリットがあります。

ダイハツ「ミライース」2017年度予防安全性能評価を考えてみる

ダイハツ「ミライース」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。「ミライース」に搭載される予防安全システムは、スマートアシストⅢでソナーセンサーと、ステレオカメラを組み合わせたシステムです。3代目に発展したスマートアシストⅢの性能は、どのような評価を獲得したのでしょうか

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171