スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル728×90

ダイハツ新型「トコット」試乗してみた

ダイハツより女性を意識した新型車「トコット」が登場しました。「トコット」は女性へ向けた「ミラココア」の、ポジションを引き継ぐ車ですが、多くの装飾で盛ったこれまでの仕様から、肩ひじを張らず自然体で乗れる車へと、大きくコンセプトを変えています。シンプルなスタイルとなった「トコット」の完成度を試乗で確かめてみました。

トヨタ「スープラ」プロトタイプ英国で走行を初披露

2019年前半に販売開始を目指す、トヨタ新型「スープラ」のプロトタイプ車が、英国のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、ヒルクライムのレースを走行しました。これまで「スープラ」はトヨタスポーツのフラグシップとして君臨していましたが、2002年に生産を終了し空白の期間を過ごしていました。

ホンダ「シビック」の予防安全性能評価を考えてみる

国内販売が開始されたホンダ「シビック」の、2017年度予防安全性能評価が自動車事故対策機構より公表されました。「シビック」に搭載される「Honda SENSING」は、ミリ波レーダーと単眼カメラで構成されるシステムです。「シビック」の「Honda SENSING」は、どのような評価を獲得したのでしょうか。

スバル新型「フォレスター」おすすめグレードを考えてみる

スバル「フォレスター」がフルモデルチェンジを行い、5代目となる新型モデルが登場しました。この5代目となる新型「フォレスター」の装備を点検し、おすすめとなるモデルを考えてみます。新型「フォレスター」のグレードはTouring、Premium、X-BREAK、Advanceの4タイプで構成されます。

スズキ「スペーシア」の予防安全性能評価を考えてみる

2017年の12月にフルモデルチェンジを行った「スペーシア」の、予防安全性能評価が自動車事故対策機構より公表されました。ゆるキャラを思わせる顔つきとなった新型「スペーシア」に、搭載されるデュアルセンサーブレーキサポートは、どのような評価を獲得したのでしょうか。

スバル「インプレッサ」値引き交渉してみた

スバル「インプレッサ」の値引き交渉してみました。5代目の「インプレッサ」は2016年10月に登場し、2年目となることから値引額も期待できる時期と考え、セールス氏と交渉に臨んでみます。また、スバル60周年特別仕様車も登場させ、「インプレッサ」の販促には力が入っていることを考えると、良い購入条件がもらえそうです。

当然ですが自動ブレーキには限界があります

近年の発売される新車には、衝突被害軽減ブレーキが高い割合で装着されています。しかし、その性能は全面的に信頼し任せられるものではありません。作動する条件を確認し、あくまでも補助的なシステムとして運転することが必要です。国土交通省がシステムの作動しない状態を再現し注意を呼び掛けています。

ホンダ「CR-V」おすすめのグレードを考えてみる

2年ぶりに国内へ回帰したホンダ新型「CR-V」のおすすめグレードを考えてみます。初代の「CR-V」は5ナンバーサイズを僅かに超える、1,750mmの全幅で登場しましたが、回帰した5代目「CR-V」は1,855mmも全幅があり、堂々としたミドルクラスのSUVに成長しています。

スズキ「クロスビー」の予防安全性能評価を考えてみた

スズキの個性的なコンパクトSUV「ハスラー」の、予防安全性能評価が自動車事故対策機構から公表されました。「ハスラー」のデュアルセンサーブレーキサポートは、、単眼カメラとレーザーレーダーのシステムです。「ハスラー」に搭載される、デュアルセンサーブレーキサポートの性能は、どのように評価されたのでしょうか。

ダイハツ「トコット」おすすめのグレードを考えてみた

ダイハツより新しく女性に向けた車として登場した「トコット」の、おすすめグレードを考えてみます。「トコット」は「カワイイ」からの決別を図り、ムダな装飾を省いたシンプルなデザインが特徴の車で、これまでの考えを覆すスタイリングです。新しく登場した「トコット」の、おとくに乗れるグレードを考えてみました。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル