買取査定を上手く利用する2つの方法

買取一括査定サイトの利用

車の買取査定を行う場合は、一店舗だけの見積りで判断するのではなく、複数の店舗で査定を行い、愛車の買取額相場を掴んで交渉に臨むことが大事なポイントです。

一店舗だけの査定では、その金額が高いのか安いのかを、判断することができません。買取査定員は「高い金額です」と必ず言い切りますが、それを鵜呑みにし愛車を売却すると、安く売ってしまうことに繋がりかねません。

多くの買取店に査定を依頼するには、一括査定サイトを利用するのが手間が省け便利です。一店舗づつ依頼を行っても良いのですが、その度に車両情報を伝えるのは面倒で時間がかかります。

買取一括査定サイトは必要な項目を入力し、申し込みが完了すると買取店の担当者から電話連絡が入ります。このとき、査定日の日時を聞かれますが、査定する方法で変わるので、査定方法を決めた上で申込を行うと、スムーズに日程を決めることができます。

買取査定2通りの方法

買取査定で複数の買取店と交渉する方法として、同じ時間に全ての買取店に集まってもらい査定額を提示してもらう方法と、時間を少しづつ変え1店舗ごとに査定を行い、買取額を提示してもらう方法があります。

どちらのやり方にも一長一短があり、どちらかが良いと言うことはないので、自分が交渉し易いと思う方法で、買取査定を行うようにします。

合同査定

買取店全社同じ時間に担当者を集め査定を行い、その後買取額を提示してもらう方法です。各店舗の担当者が、直接ライバル会社の金額を聞き対応するので、合同査定は比較的短い時間で限界近くの買取額が出て来ます。

時間をかけたくないまたは、時間をかけられないときに向く短期決戦型の方法になります。

しかし、極端に高い買取額を出す業者は注意する必要があります。車の買取額には相場があり、なにか特別な事情がない限りは、これを大きく超えて買い取ることはできません。

高い買取額を付け他の業者を引かせた後に、さまざまな理由を付け金額を下げようとする業者が稀に存在します。

買取店への伝え方

合同査定を行う場合は「時間がないので同じ時間で査定していただけますか」と、連絡をし来た担当者に了解を取っておきます。各店舗の担当者も他店と合同となると、それなりの準備と覚悟をもって査定にやって来ます。

「それはちょっと」と同時査定を嫌がる業者が、中には居るかも知れませんが「その日に決まってしまうかも知れませんが宜しいですか」と伝えてみましょう。多くの業者は他に流れるのはイヤなので、ほとんどの場合は来てくれます。

個別査定

買取会社を1社づつ時間をずらし査定をする方法です。時間的には1社あたり1時間程度を予定し、次々に買取担当者に査定をお願いし、査定額を提示してもらいましょう。

買取担当者が査定額を提示しないで、交渉を長引かせるようであれば無理をせず、次の買取店が来ることを伝え、電話で買取額を教えてもらうようにします。ここで大事なのは1社に多く時間を使うのではなく、多くの買取店の査定額を知り次の交渉に繋げることです。

個別査定は1社あたり1時間としても、5社なら5時間程度必要となり、多くの買取会社と交渉しようとするなら、さらに時間がかかることになります。しかし、個別査定では担当者の考えや対応など、細かな部分が透けて見えることもあり、会社がどのような方針で車を買い取ろうとしいるのかも伝わります。愛車を売却する相手として相応しいのか、このときに見極めておくことも必要です。

交渉はやり易いやり方で

自分が買取店と交渉するには、どちらが交渉し易いか考えておく必要があります。

時間をかけずに早く限度近くの買取額が出る合同査定か、時間は長くなるが各社の出方を見極められる個別査定かです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1