日産「セレナe-POWER」見積り交渉してみた

日産e-POWER搭載車の第2弾となる、「セレナe-POWER」の見積り交渉を行ってみました。

「セレナe-POWER」はエアロ仕様のハイウェイスター、ノーマル仕様ともに設定され、グレードはハイウェイスターが「e-POWER Highway STAR」「e-POWER Highway STAR V」、ノーマルシリーズが「e-POWER X」「e-POWER XV」の、それぞれ2タイプの展開としています。

見積もりを行ったのは上位グレードの、エアロ仕様「Highway STAR V」で、ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラックの、ボディカラー寒冷地仕様2WDとしました。

寒冷地仕様の装備は、ヒーターダクト(サード足元)、PTC素子ヒーター(e-POWER車は標準装備)、高濃度不凍液、ヒーター付ドアミラーになります。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

延長保証と整備パック装備オプションを追加

【セレナ】パトカー仕様が初登場

「セレナ e-POWER Highway STAR V」にオプションとして

  • 5年間の延長保証(GP保証) 16,000円
  • 2回目車検までの整備料金パック、メンテプロパック(54) 103,000円

装備品では

  • ラッゲジアンダーボックストレイ 20,674円
  • ベーシックバック 99,360円
  • ナビレコツインモニターパック+ETC 406,553円
  • ボディコート(5年保証) 71,280円

を追加しています。

なおベーシックパックの内容は

  • ブラスチックバイザー
  • ナンバープレートリムセット+ナンバープレートロック
  • フロアカーペット

となり、ナビレコツインモニターパック+ETCは

  • 9インチメモリーナビゲーション
  • 11インチリアモニター
  • ドライブレコーダー
  • ETC2.0

を含んだオプション装備パックとしています。

初回の交渉で本体から20万円引きの価格を提示

「セレナe-POWER」Highway STAR V 2WD寒冷地仕様に、メーカーオプションを追加した車両本体価格は3,805,920円で、オプション装備価格600,567円です。

まず車両本体より100,000円、オプション装備品より75,000の値引額が提示されました。

本体価格からの値引額100,000円では、あまりにも少なくこの額では買う気にならないと話すと、「これに併せて10万円は上乗せできます」と、営業マンからは合計20万円が口頭で提示されました。

しかしセレナのプラットフォームは、前回のフルモデルチェンジでも踏襲されており、開発費用は低く、利益幅は大きくなっていますので、まだ上乗せが可能と思われ、本体価格よりの20万円引きは規定路線で、話すと誰にでも引き出せる値引額と思われます。

また整備パックは、ディーラーの大きな利益が出る商品でもあり、値引の原資として使えるので、車両本体の値引額とは別に、この商品だけでも5万円の値引は可能と思われます。

もし値引交渉がが進まないようであれば、交渉の最終段階に近づいた時点で、整備パックを外すことを伝えてみましょう。

営業マンは車の台数だけでなく、利益が出る整備パックは、サービス部門の稼働率を上げるためにも、会社側からノルマを出されている場合が多く、新車に付けて売りたいサービスなのです。

このため整備パックを付けることで、多少の無理が通り値引額を拡大させ易い傾向になります。

オプション装備品からは75,000円の値引額を提示

次にオプション装備からの値引額75,000円ですが、これも規定の額でオプション装備品価格600,567円の、12%程度の額が提示されています。

ディラーオプションの値引幅は15%~20%とされる場合が多くこの12%では低すぎます。

この装備品価格からは最低でも9万円の値引が可能で、目標としては12万円の値引を目指して交渉を行うべきです。

「セレナ」e-POWERは「ノート」e-POWERの好調を受けて追加された車なので、販売の現場も多少強気の姿勢をみせ、モーター走行の強みをアピールし値引を抑えようとしてきます。

しかし「プラットフォームが変わらず基本設計が古い」「フロアの床が高く乗り降りがし辛い」「モーター駆動は確かに良いが、ホンダの『ステップワゴン ハイブリッド』とそれほど変わらない」などを指摘し交渉を進めましょう。

「セレナ」は値引の原資が十分に確保されている車両なので、交渉次第では希望に近い値引額が引き出せます。

「e-POWER」モデルの第2弾「セレナ e-POWER」試乗記事はこちらです。

日産「セレナ e-POWER」試乗してみた
日産の「セレナ」に「 e-POWER」が搭載され登場しました。「セレナ e-POWER」は「ノート e-POWER」に次ぐ第2弾のモデルになります。強烈な印象を与えた「ノート e-POWER」に次ぐ、「e-POWER」シリーズの第2弾「セレナ e-POWER」試乗してみました。
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1