高く取引される車種は?

車のモデルチェンジサイクルで考える

自動車はモデルチェンジを繰り返し、その時の人気、トレンドに左右されますので、この車種なら、3年先5年先でも高く売れると、判断するのは非常に難しいでしょう。

一つの考えとして、モデルチェンジサイクルの長い車を選ぶ、と言う方法も有ります。

息の長い車と、評される事も有りますが、底堅い需要が続きモデルチェンジを実施しないでも、一定数の販売額を落とさず、売れ続けている車種です。

モデルチェンジサイクルの長い車

例としては、トヨタ「エスティマ」などがそれに当たります。

初代は、9年間(1990年~1999年)

2代目は、5年間(2000年~2005年)

現行3代目は、9年目(2006年~)

2代目は、普通のサイクルでモデルチェンジしていますが、初代、3代目は、かなり長いサイクルで販売されています。

同じくトヨタの「シエンタ」

初代は、12年間(2003年~2015年)

現行2代目は2015年7月より販売開始。初代「シエンタ」は、途中販売が中止されましたが、12年間と言う非常に長いスパンで生産され、根強い人気で支持を集めました。

大きく変わる新型車と旧型車の評価

モデルチェンジが実施されると、型落ち車(旧型車)と市場では評価され、モデルチェンジ後、売却すると価格は大幅に下がってしまいますので、そのリスクを減らす事が出来ます。

モデルチェンジでの影響はフルモデルチェンジが影響する?で説明しています。

トレンドはECO、コンパクト車を求めている

トレンドから考えると、現在はECO、コンパクトです。

燃料価格の高騰、自然環境への配慮から、燃費性能の高い車が求められています。

この流れは、当分続くと思われますので、ハイブリッド、コンパクトカー、軽自動車の需要は、底堅く推移すると思いますので、買取価格は高めになると思われます。

ECOエンジンへの評価

日本では、まだこれからですが、ヨーロッパではECOの技術として、ディーゼルエンジン、ダウンサイジングターボエンジンが、主流のECO技術です。

マツダは、ECOディーゼルエンジン搭載車を、積極的に開発販売しています。

トヨタ・ホンダは、ダウンサイジングターボエンジン搭載車の販売を始めています。

今後、国内でこれらのエンジンを搭載したモデルが、ハイブリッドに次ぐ、ECOカーとして、支持を獲得出来るか注目される所です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1