スズキ「ソリオ バンディット ハイブリッド」トヨタ「ルーミー カスタム G-T」比較してみた

好調なスズキ「ソリオ」に対抗するトヨタ「ルーミー」

「ソリオ」はスズキが得意とする、Aセグメントクラス唯一のハイトミニバンで、ライバル不在の独走状態が続いていました。

コンンパクトですが、ボディの高さから来る広い室内と、使い勝手が魅力となり人気を集めています。

これまでは、簡易なマイルドハイブリッドでしたが、ついに待望のハイブリッドが登場し、二つのハイブリッドシステムから選べる仕様になっています。

「ルーミー」は、この好調な「ソリオ」に対抗するべく登場した、同じAセグメントのハイトミニバンで、ダイハツよりOEM供給されます。

「ルーミー」のシリーズは、ノーマルシリーズとカスタムシリーズで展開され、トップグレードにはターボモデルが用意されています。

今回は、「ソリオ バンディット ハイブリッド」と「ルーミー カスタム G-T」を比較してみたいと思います。

「ソリオ バンディット」と「ルーミー カスタム」のスペックを比較

ソリオ バンディット ハイブリッドルーミー カスタム GT
全長(mm)3,7103,725
全幅(mm)1,6251,670
全高(mm)1,7451,735
室内長さ(mm)2,5152,180
幅(mm)1,4201,480
高さ(mm)1,3601,355
ホイールベース(mm)2,4802,490
トレッド1,4351,455
1,4401,465
車両重量(kg)9901,100
燃料消費率(km/L)32.021.8
最小回転半径(m)4.84.7
エンジン総排気量(L)1.2420.996(ターボ)
最高出力(kW/rpm)ネット67<91PS>/6,00072〈98PS〉/6,000
最大トルク(N・m/rpm)ネット118<12.0kg・m>/4,400140〈14.3kg・m〉/2,400~4,000
モーター最高出力(kW/rpm)10<13.6PS>/3,185~8,000 ∗
最大トルク(N・m/rpm)30<3.1kg・m>/1,000~3,185

ボディ全長、全幅は「ルーミー」が「ソリオ」を上回り、全高は「ソリオ」が「ルーミー」を上回っています。

室内の幅は「ルーミー」が「ソリオ」より広く、長さ、高さでは「ソリオ」が「ルーミー」を上回っています。

特徴的なのは「ソリオ」は、ホイールベースが短いにもかかわらず、「ルーミー」より長い室内空間を作り出していることです。

トレッドは前後とも「ルーミー」が「ソリオ」より広くなっています。

燃費性能はハイブリッドの「ソリオ」が、ターボエンジンの「ルーミー」を大きく上回っています。

最小回転半径は、「ルーミー」が僅かながら「ソリオ」より小回りが効きます。

エンジンの最高出力と最大トルクは、1.0Lながらターボエンジンを搭載する「ルーミー」が上回っていますが、「ルーミー」は車重が「ソリオ」より110kg重くなっています。

この車両重量が影響して、「ルーミー」のパワーウィエトレシオは11.22kg/psとなり、対する「ソリオ」は10.87kg/psと、小さな数値で「ルーミー」よりも加速性能が優れています。

ミニバン的な色合いが強い「ルーミー カスタム」

「ソリオ」はフロトのランプを、少し距離をもたせて配置していますが、「ルーミー」は上下に重ねて配置しています。

「ルーミー」は「ソリオ」よりも、ボンネットの厚みがありボリューム感があります。フロントグリルもメッキパーツを多く使い、ミニバン的な雰囲気を強く押し出しています。

サイドスカートを装着する「ソリオ」に対して、「ルーミー」は装着されていません。

「ソリオ」は、ボディ同色のカラードドアアウターハンドルで、「ルーミー」はメッキ仕上げとしています。

「ソリオ」はメッキガーニッシュも控えめな使い方で、スッキリとしたデザインです。

「ルーミー」は大型のメッキガーニッシュが使用され、ボディ幅近くまで拡大されたハイマウントストップランプが特徴的です。

リアゲートの形状は「ソリオ」がスクエアな形をしていますが、「ルーミー」はバンパー部分が狭くなっています。

「ソリオ」はキャラクターラインが直線的で、ウェストラインをリアクォーターウィンド部分で跳ね上げています。

「ルーミー」はウェストラインが直線的で、キャラクターラインをリアクォーターパネル部分で跳ね上げています。

「ルーミー」は送風口とインフォメーションパネルの場所が難点

「ルーミー」はセンターパネルが強調されるデザインで、乗用車的に感じる「ソリオ」に比べると、RV感を打ち出しています。

「ルーミー」の高い位置の空調送風口は、リアシートへの効率を高めるためとされていますが、デザイン的な纏まりは、インフォメーションパネルを含めて今一つです。

「ソリオ」はセンターメーター方式を採用し、「ルーミー」はオーソドックスに運転席前方にメーターを配置しています。

視認性は両車ともに良好で不満はありません。

エンジンスタートなどの操作スイッチは、「ソリオ」「ルーミー」とも、ステアリング右側に配置されていますが、「ソリオ」は使用頻度が高いパワースライドドアのスイッチを、高い位置にしていますので操作性では優れています。

「ルーミー」の空調送風口とインフォメーションディスプレイは、突出しているので視界を遮る形となっています。

ソリオ バンディット

ルーミー カスタム

助手席前のトレイは、「ソリオ」が広く使い易い形状をしています。

「ルーミー」は、ドリンクホルダーの容量が変えられることと、スマートフォンが立てられなどで、使い勝手を向上させています。

脱着式のセンターボックスは、「ルーミー」の容量が大きく「ソリオ」よりも、多くのものが入れられます。

「ソリオ」「ルーミー」とも助手席下に、アンダートレイを装備していますが、スライド式の「ルーミー」に対して、「ソリオ」は脱着式を採用しています。

使い勝手は一長一短があるのですが、「ソリオ」の脱着式が容量も大きくメリットが多く感じられます。

「ソリオ」と「ルーミー」のシート座面長は明らかに差がある

「ソリオ」「ルーミー」ともに、ファブリック素材のシートを採用しています。

「ソリオ」のシートはゆったりと座れるのですが、「ルーミー」はシートが小さく座面長も短いために、やや落ち着かない座り心地です。

「ソリオ」はリアシートセンターに、ヘッドレストが備わりませんが、アームレストは備わります。

「ルーミー」はリアシートセンターの、ヘッドレストは備わりますが、アームレストが備わりません。

「ソリオ」はリアシートを、2人掛けメインで使うことを想定し、「ルーミー」は3人掛けの使用にも対応しようとしています。

スライドドアの使い勝手は「ソリオ」がやや有利

ソリオ バンディット

ルーミー カスタム

スライドドアの地面よりの高さと、開口部の高さはほぼ同じと言えますが、幅に大きな差があり、「ソリオ」は乗降する際に余裕があります。

「ルーミー」はアシストグリップを装備して、乗降性を高めるアプローチをしています。

テールゲート開口部の積載性は長短があり互角の勝負

ソリオ バンディット

ルーミー カスタム

ラゲッジフロアまでの高さは、僅かですが「ルーミー」が低く、荷物の積み下ろしには有利ですが、フロア近くが狭くなっていますので、出し入れには不便な形となっています。

幅、高さはほぼ同じで互角の勝負です。

ラゲッジスペースが広いのは「ルーミー」使い勝手では「ソリオ」

ソリオ バンディット

ルーミー カスタム

ルーミーカスタム

ラゲッジの広さは、幅が広い「ルーミー」がやや有利で、スペース拡大幅も「ルーミー」のリアシートスライド量が大きく、対応幅が広くなっていいます。

但し「ルーミー」は、リアシートを前方にスライドさせると、シートレールが露出し、フラットなフロアの「ソリオ」と比べると、使い勝手は良くありません。

リアシート可倒方式は5:5分割の「ソリオ」より、6:4分割の「ルーミー」が便利に使えます。

ソリオ バンディット

ルーミー カスタム

リアシートがダイブインする「ルーミー」は、ラゲッジスペースを「ソリオ」より広く作り出せますが、運転席を前方に移動させる必要があり、ドライビングポジションが苦しくなります。

「ソリオ」のラゲッジスペース拡大幅は、「ルーミー」よりも少なくなっていますが、ドライビングポジションに与える影響がありません。

ラゲッジスペースの広さでは「ルーミー」に分があり、使い勝手は「ソリオ」が勝っていると言えます。

「ルーミー」はラゲッジフロアボードに、防汚シートを格納していますので、リアシートをダイブインさせた場合に、展開させることができます。

汚れ物を積む場合に便利な装備ですが、フロア全面を覆うことが出来ないことと、リアラゲッジフロアが低くなり、フラットなフロアで無くなることが難点です。

「ルーミー カスタムGT」は専用設定のタイヤサイズ

ソリオ バンディット

ルーミー カスタム

「ソリオ」はハイブリッドへと進化しても、エンジンルームの変化は感じられませんが、「ルーミー」はインタークーラーが配置され、ノーマルエンジン仕様車と違いをみせています。

「ソリオ」のタイヤサイズは、165/65R15でタイヤはヨコハマブルーアースが装着されています。

「ルーミー 」はカスタム G-T 専用サイズの175/55R15で、タイヤはダンロップエナセーブです。

乗用車のゆとりを感じる「ソリオ」軽自動車の延長線上と感じる「ルーミー」

「ソリオ」と「ルーミー」のシートに座りまず感じるのは、ドライビングポジションの違いとゆったり感です。

「ソリオ」は「ルーミー」と比較すると、足が伸びる乗用車的なポジションがとれ、シートの大きさと座面も標準的なもので、軽自動車と比較すると十分なゆとりが感じられます。

「ルーミー」は椅子に座ったようなポジションで、ミニバンらしいポジションとなるのですが、問題はシートの大きさと座面長の短さです。

椅子に座ったような、ミニバンのドライビングポジションは、それだけでも安定感を得難い姿勢なのですが、シートの小ささと座面長の短さが、それをさらに助長しています。

「ルーミー」は「ソリオ」から乗り換えると、明らかに落ち着けない座り心地で、「ソリオ」が軽自動車とは明らかに違う余裕を感じさせるのに、「ルーミー」は軽自動車と大差が無い感覚です。

室内の幅もカタログスペックでは、「ルーミー」は「ソリオ」を上回っているのですが、実感としてその差は無く同等の広さに感じられます。

走行性能は「ソリオ」の1.2Lエンジンに対して、1.0Lエンジンの「ルーミー」はターボを装着し、排気量が少ないをハンデを埋めていますが、パワーウィエトレシオが示すように、「ルーミー」は車両重量の重さがネックとなって、「ソリオ」には及ばない感じです。

「ソリオ」はパワー感はそれ程無いのですが、スムーズな加速でスピードが伸びて行き、ドライビングポジションとも相まって、コーナーでも曲がり易い素直な特性をもっています。

ハイブリッドになり重量が増えたにもかかわらず、軽快な走りは「ルーミー」を上回っているのですが、唯一問題があるとすれば、AGSミッションの繋がり具合です。

大人しく走らせる状況では、問題なくシフトアップするのですが、フル加速やアクセルを深く踏み込むと、息をついたような加速になります。

MGUのアシストを受け、そのフィーリングは随分と改善されていますが、CVTと比較すると滑らかさに欠ける走りです。

「ルーミー」のターボエンジンは、段付きの無い加速で扱い易く、トルクを感じさせる走りですが、スピードを出したいと言う気にはなりません。

コーナーでの曲がり方も、大きな弧を描こうとする性格で、イメージ通りのラインに乗せるには、ステアリングをより切り込むことが必要となりますが、スピードが増すとそれでも対応出来ない場面もあります。

トレッドは「ソリオ」より広くなっているので、安定性は「ソリオ」より得やすいと思われる「ルーミー」ですが、その強みを生かしきれていない印象です。

室内の静粛性は、加速中にエンジン音が侵入する「ルーミー」と、回生中にモーター音がする「ソリオ」の差がありますが、全体的にみれば「ソリオ」が静かな領域が多いと言えます。

「ソリオ」と「ルーミー」の装備と価格を比較

ソリオ バンディット ハイブリッド(デュアルカメラブレーキサポート装着車)ルーミー カスタム G-T
予防安全デュアルカメラブレーキサポートスマートアシストⅡ
運転席・助手席サイドエアバッグ標準カーテンシールドエアバッグとセットオプション
エアコンフルオート(ナノイー)オート
ドアミラーリモコン格納オート格納
スライド電動ドア左側(右側はオプション)両側
防汚シートオプション標準
運転席シートヒーター標準助手席とセットオプション
シート撥水機能設定なし標準
フロントオーバーヘッドコンソール標準設定なし
メーカー希望小売価格(円)2,106,0001,965,600

予防安全性能が高い、デュアルカメラブレーキサポート、運転席・助手席にサイドエアバッグを標準で装備する「ソリオ」は、安全性が高くなっています。

「ルーミー」は電動スライドドアが両側に装備されることや、簡易タイプですが防汚シートが備わることが長所となっています。

メーカー希望小売価格は、「ソリオ」が「ルーミー」より140,400円高い価格設定となっています。

ネームバリューに拘らないなら「ソリオ」がおすすめ

「ルーミー」は、「ソリオ」よりも後に発売されたのですが、「ソリオ」を超える部分は少なく、少々期待外れの仕上がりです。

トヨタが他社の小型車や、軽自動車へと流れる顧客をくい止めるために、ダイハツに短期間のうちに開発させたのが「ルーミー」と言われていますので、十分な検証が行われないままの登場となってしまったようです。

「ソリオ」「ルーミー」この両車から選ぶとすると、安定感があり、ゆとりのある乗り心地の「ソリオ」がおすすめです。

「ルーミー」との価格差が気になるなら、「ソリオ ハイブリッド」では無く「マイルドハイブリッド」にすると価格差は逆転します。

マイルドハイブリッドと、ハイブリッドとの差は、燃費が若干悪い程度で殆ど性能の差は無く、トランスミッションもCVTでスムーズな加速です。

メーカー希望小売価格は、1,884,600円(2WD)となっています。

サイズ的には近い「ソリオ」と「ルーミー」ですが、乗り比べると走りの仕上がりには大きな差があります。

スポンサーリンク
試乗記レクタングル(大)
試乗記レクタングル(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1