走行距離と車検時期が売却の目安です

スポンサーリンク
試乗記682×171

年間走行距離の基準

走行距離も、買取査定の大事なポイントの一つです。

基準の年間走行距離は、普通自動車10000Km 軽自動車で8000Kmとされています。

売却する時に、この基準より少なければプラスポイント、多ければマイナスポイントとなります。

車検時の乗り換えは必ず車検前に

車を買い取る時の、節目とされる走行距離は、普通車では30000Kmと50000Kmで軽自動車では、24000Kmと40000Kmとされています。

節目とされる走行距離に、到達する前に売却すれば、高値が付き易いとされています。

新車から購入して、年間走行距離を基準近く走行したとすると、3年目、5年目の車検頃に、節目の走行距離を迎える事になりますので、乗り換えを検討するのに、非常に良いタイミングとなります。

車検を取得するには、重量税、自賠責保険料、整備料金、諸経費などの費用が掛かりますので車検取得前に乗り替えた方が、余計な費用を負担しないで済みます。

又、節目の走行距離以内ですと、買取額も高くなりますので、節目の走行距離を超えそうな時は、早めに売却した方が有利になります。

仮に何かの事情で、車検を取得して買取査定に出したとしても、車検を取得した費用が全て、買取額に上乗せされる事は有りませんので、車検取得直後の売却は、結果的に損をしてしまいます。

車検を迎える頃の買い替えは、タイミングを逃さず、必ず車検前に決断する事です。

走行距離が多い車は早めに売る

走行距離も多く、年式も古い車ですと、買取額も低くなります。

基準年間走行距離を、大幅に超えて走行距離の多い車は、早めに売却するのが有利になります。

年式が新しければ、走行距離が多くても減額幅が小さくなります。それには、理由が有ります。

「走行距離が多くてもいいから新しい車に乗りたい」との需要が有るからです。

そのようなユーザーは、旧型車で走行距離が少ない車と、新型車で走行距離が多い車を、比べた時に確実に新型車を選びます。

走行距離は、実際乗り込んで見ないと解らないですが、新型車か旧型車は、擦れ違いざまにでも、直ぐに分かってしまうので「今のトレンドより、外れているカッコ悪い旧型車」よりは「スタイルも装備も、時代を反映してカッコいい新型車」となる訳です。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1