水没車・不動車でも売れます

スポンサーリンク
試乗記682×171

お金を払っての廃車はもったいない

水没や事故により、乗ることができなくなった車は、「お金を出して廃車手続きをしないとダメか」と思いがちですが、売却することができます。

一般的な買取店では、嫌がられることが多いこのような車でも、独自のノウハウと販売ルートを持っていいる買取店は、買い取ることができるのです。

水没した車は、その程度によって再生させるのか、パーツ取りの車として買取るのかで判断されていきます。

完全に潰れてしまった事故車でも、パーツ取りの車として価値があり、パーツとして売れない部分は、地金として売ることもできます。

水没のレベルで修理か買取査定か判断する

水没した車と一言でいっても、その程度は様々に考えられます。全損扱いになる基準として、シートの上まで冠水していて、さらにエンジンにまで水が入ってしまった場合は、全損と判断される可能性が高いです。

このような状態なら、迷わず買取査定を選択しましょう。

仮に修理をしても、完全に元の状態には戻りませんので、先々、トラブルが起こるとさらに費用が必要になります。

新たに、車1台買える金額の修理代になることも珍しくありません。

修理をするか、買取に出すか迷う冠水の程度として、シートの下まで水没した場合です。

このような状況で、エンジンに水が入ってしまっていたら、買取を選択するのが良いと思います。そうでは無い場合は修理をして乗ることも、買取査定に出すことも選択できると思います。

冠水してしまった車は、汚い水が車内に流れ込んでいるので、出来るだけ早く修理を依頼することです。時間が経てば、車内に臭いがこもり取れなくなり、修理代も高額になっていきます。

取り敢えずできる応急措置として、冠水した車内から水気を取り去ることです。窓やドアを開けて車内を乾燥させ、電装部品のダメージも低減させましょう。

エンジンに、水が入ってしまった場合は、エンジンは始動しないで、レッカーで移動させましょう。エンジンに、水が入ったままエンジンを始動させると、ウォーターハンマー現象により、内部が破損してしまい車の価値が落ちます。修理を行う場合もさらに費用が嵩みます。

水が入ってしまったのか良く解らない場合は、安全を取ってレッカーで移動することが賢明です。

水 没 車 修 理 概 算 費 用
シートの上まで45万円~
シートの下まで25万円~
フロアマットまで5万円~

冠水の被害レベルと、修理にかかる費用ですがあくまでも概算です。実際に掛かる費用は、被害状態により大きく異なります。

車両保険の確認をして見る

車両保険に、加入していて水没全損の場合は、設定した保険金全額+10%(臨時費用。上限あり)が支払われ可能性が高いです。(地震による水没では支払われないが、台風や高潮の水没では支払われるなど、保険会社によって規定の違いがありますので確認が必要です。さらに、水没では支払われない保険会社もあります)

全損扱いの水没車は、保険会社が引取り支払われた保険金で、新たな車を買うことができますが、全損扱いに該当しない場合は、冠水の程度により、支払われる保険金額が会社により違いますので、支払われる額を確認をして、修理を行なうのか買い替えをするのか検討して見ましょう。

水没車や不動車を買取できる業者

冠水して全損扱いの車や、事故により走行不能になった車を引き取れるのは、輸出に力を入れている業者です。

水没車を買取る業者は、整備して車を元に戻すノウハウも持っています。海外での、メイドインジャパンの評価は高く、日本車は壊れ難く長持ちする車としての地位を確立しています。

そのため、中古車でも海外に輸出されている日本車が数多く存在します。輸出される台数が多ければ、修理部品の数も必要になります。このように海外にまで、中古パーツが供給されているので不動車でも価値があるのです。

水没車は、修理し輸出されるだけでなく、状態が良く復元できた車は、国内市場にも回されています。修復歴車(事故車)と違い、水没車は明確な査定基準がありません。その為、市場に出された場合に、想像以上の高値が付く場合があるからです。

水没車や不動車を売る手順

水没車や不動車を、売る場合でも特別な手続きをする必要はありません。

各サイトに必要な項目を入力し、買取店からの連絡を待つだけですので、複数の買取店から見積もりをもらい検討しましょう。

その中から、一番高く売れる業者に売却しましょう。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1