スズキ「ソリオ バンディット ハイブリッド」試乗してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

EV走行が可能となった「ソリオ」ハイブリッド

スズキより待望の「ソリオ ハイブリッド」が発売されました。

スズキ販売店の現場では、早くから「出します」と話は聞かされていましたが、いよいよの登場となりました。

登場した「ソリオ」のハイブリッドシステムは、パラレル方式に分類されます。

これまでの、マイルドハイブリッドとハイブリッドの違いですが、マイルドハイブリッドは、ISG(モーター機能付発電機)で減速時に発電しバッテリーに蓄電します。

蓄電した電気でISGを回し、アイドリングストップした場合の再始動、発進時や低速時でのエンジンアシストを最大30秒間行い、燃料消費を抑えるシステムとしています。

ハイブリッドでは、ISGに加えてMGU(発電・駆動用モーター)と、ラゲッジスペース下にバッテリーを新たに追加しています。

MGUを搭載したことにより、駆動と減速時の回生はMGUが行い、ISGは通常の発電(エンジン回転時)と、アイドリングストップ後の再始動のみを行い、駆動用の動力としては使われない仕様となりました。

この出力を増したMGUのパワーで、EV走行が可能となり更なる燃費の向上を実現させています。

さらに「ソリオ ハイブリッド」では、トランスミッションにAGSを採用しています。

AGSは軽量コンパクトで、ダイレクトに反応する動きが魅力ですが、その変速時におけるショックが難点となっています。

今回、MGUを使いそのフィーリングを解消したとされていますので、どこまでの仕上がりなのかは興味が湧くところです。

試乗したのは、ブーストブルーパールメタリック色の、「ソリオ バンディット ハイブリッド」SVです。

ハイブリッドはマイルドハイブリッドのデザインを踏襲

「HYBRID」のエンブレムが、マイルドハイブリッドはシルバーにブルー文字でしたが、ハイブリッドではブラックにシルバー文字になっています。

その他はマイルドハイブリッドと同じ仕様となっています。

マイルドハイブリッドのメーターパネルには、タコメーターが装着されていましたが、ハイブリッドではその場所に、モーターパワーメーターが装備され、充電・出力状態が表示されます。

ステアリング右側にECOモードスイッチが新たに装備されています。

ECOモードを選択すると、EV走行をより積極的に使う設定になり、燃費消費を抑えます。

ハイブリッドのタイヤサイズは、165/64R15でタイヤはヨコハマブルーアースが装着されています。

マイルドハイブリッドと同じサイズでタイヤ銘柄も同じとなっています。

「ソリオ ハイブリッド」は、DC-DCコンバーターを使用しない、コンパクトなハイブリッドシステムのために、エンジンルームもマイルドハイブリッドとほぼ変わりがありません。

ハイブリッドとマイルドハイブリッドの、車両重量、燃費性能、モーター出力、価格の違いを確認しておきます。

ソリオ バンディットハイブリッドマイルドハイブリッド(2WD)
車両重量(kg)990950
燃料消費率(km/L)32.027.8
モーター最高出力(kW/rpm)10<13.6PS>/3,185~8,0002.3<3.1PS>/1,000
最大トルク(N・m/rpm)30<3.1kg・m>/1,000~3,18550<5.1kg・m>/100
メーカー希望小売価格(円)2,046,6001,825,200

重量増を感じさせない「ソリオ ハイブリッド」

マイルドハイブリッドより、40kg重くなったハイブリッドの走りは軽快で、重量が重くなったことによる影響は殆ど感じられません。

ハイブリッドシステムに組み合わされるAGSは、駆動系を直結する領域をもつために、アクセルを踏み込むと機敏に反応する印象です。

エンジンパワーは両モデルともに同じ仕様ですので、モーターパワーとともに、このAGSの働きが、重量増を感じさせない要因の一つとなっています。

この走りに貢献しているAGSですが、その弱点を随分と改善しています。

問題の変速時のショックは、AGSの変速時間が長いために加速を鈍らせ、息継ぎ的な加速をさせていた訳ですが、この変速中の加速の落ち込みを、MGUのパワーが上手く補っています。

アクセルを深く踏み込まない限りは、スムーズな変速を行ってくれます。

流石に急加速をさせると、MGUが補いきれず変速のショックが表れ、息つきを起こしたような動きになります。

しかし、その度合いも軽くなっていて、どうしようないと思わせたAGSから、なんとか許容範囲と思わせるレベルまで到達しています。

ただ、交差点で右折待ちをしていて、素早く発進しようとしてアクセルを深く踏み込むと、変速時の息継ぎで、ワンテンポ動きが遅れる場合があるので注意が必要です。

ECOモードにすると、EV走行を積極的に利用する設定になるのですが、今回の試乗では殆どがエンジンメインの走行となり、EV走行はかなり大人しい走りに対応しているように思えます。

ハイブリッドでは、ブレーキを強く踏むと回生能力が高まる設定になっており、減速するのが早く、その影響からかブレーキの効きが良く感じられます。

ただ、回生機能が働くと「キーン」とモーター音が高まり、作動しているのが良く分かるのですが、この音はもう少し抑えて、室内の静粛性を確保したかったところです。

試乗した「ソリオ バンディット ハイブリッド」は、重量増を感じさせない走りで、良い仕上がりと思われますが、マイルドハイブリッドとの価格差が221,400円あります。

燃費性能はハイブリッドが良いのですが、その差も僅かで、選択するには決定的なアドバンテージには、なっていないようにも思えます。

どうしても、EV走行が出来るハイブリッドが必要なら、選ぶ価値はあると思えますが、そうでなければ、マイルドハイブリッドでも充分良いのではと思えます。

待たされた「ソリオ ハイブリッド」ですが、選ぶには他のグレードには無い、この車でしか備わらない、インパクトのある魅力が必要ではと思われます。

「ソリオ バンディット」のお勧めグレードを考えたのはこちらの記事です。

スズキ「ソリオ バンディット」お得なハイブリッドはどちらか | tatumiの車試乗記
スズキ「ソリオ」にハイブリッドモデルが登場しました。これまでのマイルドハイブリッドは、モーターパワーで、エンジンをアシストしていましたが、ハイブリッドはモーター単独でのEV走行を可能としています。二つのハイブリッドをラインアップする「ソリオ」ですが、どちらのモデルがお得度が高いのでしょうか比較してみました。
スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1