スズキ「ジムニー」値引交渉してみた

ジムニー左スタイル

20年振りのフルモデルチェンジで、4代目が登場したスズキ新型「ジムニー」の値引交渉を行いました。

「ジムニー」は軽自動車のサイズで、本格的4×4オフローダーの性能を実現させた、類まれな存在です。この高い走破性は、ジムニストと呼ばれるコアなファンを世界中に抱え、多くの支持を集めています。

また、新型となった「ジムニー」は、原点回帰と言える4×4オフローダーの、機能優先のスタイリングが特徴です。道具としての車を意識し開発が行われたコンセプトは、装飾をなくし無塗装とした前後のバンパー、直立したボディパネル、スクエアなボディ形状などに表れています。

「ジムニー」のグレードは、最上位 XC 中間 XL ベーシック XG 3タイプが用意され、全てのグレードにターボエンジンが搭載されます。

今回、見積り交渉を行ったのは最上位の XC です。XC にはLEDヘッドランプ、ヘッドランプウォッシャー、クルーズコントロール、本革巻ステアリング、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、16インチアルミホイールなどが標準で装備されます。

ジムニーVR動画
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

新型「ジムニー」の値引は無し納期は1年待ちです

「ジムニー」XC のメーカー希望小売価格は1,841,400円ですが、ボディカラーをピュアホワイトパールとしたので、21,600円が追加され車両本体価格が1,863,000円です。

付属品として次の装備を追加します。

  • ドアバイザー       10,692
  • ナンバートリム            3,672
  • フロアマット              20,142
  • アンテナセット           13,824
  • ナビゲーション          126,954
  • アンテナ変換ケーブル     2,700
  • ETC車載器                 21,816
  • バックカメラ                32,508
  • ETCセットアップ料         3,240

付属品の合計金額は235,548円です。

諸費用は次のようになっています。

  • 自動車取得税  34,500円
  • 自動車重量税    9,900円
  • 自賠責保険料      35,610円

税金・保険料の合計金額は80,010円です。

  • 検査登録・届出代行  18,360円
  • 納車費用           10,260円
  • リサイクル資金管理料   290円
  • 延長保証        11,934円

課税される諸費用の合計金額は40,844円です。

  • 検査登録・届出        2,720円
  • JAF入会金       6,000円
  • リサイクル預託金       8,360円
  • メンテナンスパック   32,200円

非課税となる諸費用の合計は49,280円です。

  • 車両本体価格   1,863,000円
  • 付属品                    235,548円
  • 税金・保険料             80,010円
  • 課税諸費用                40,844円
  • 非課税諸費用             49,280円

この仕様での「ジムニー」XC 乗り出し価格は 2,268,682円です。

セール氏に「値引はどれくらいしてくれますか」と尋ねると、「特注車両のような位置付けなので、無理です」とあっさりと断られました。

しかし、そう簡単には引き下がれないので、「いくなんでも4~5万円程度はあるでしょうと」切り込むと、「いや、無理です」とガードが固く良い返事がないので、「1~2万円ならできるでしょう」と尋ねると、「それも難しいかも知れません」との返事で、車両本体から1~2万円の値引を引き出せるようだと大成功のようです。

本体からの値引がないので、付属品からの値引を期待したいのですが、現在ナビのキャンペーンをしているので、それを適用した値引となりますと、あまり良い返事がありません。

今回の交渉から「ジムニー」の値引は、ほぼないと考えられ、納期も10カ月以上先になるとのことで、当分は値引は行わず販売されると思われます。

しかし、付属品からの値引は期待できるので、車両本体の値引を無理に求めず、付属品の値引で頑張るのが良い交渉方法に思えます。

「ジムニー」は値引がなく納期は1年先になる、との情報は間違いなのない事実で、ジムニストたちが新型車に殺到し、購入を決めているようです。

「ジムニー」の試乗記事はこちらです。

スズキ新型「ジムニー」試乗してみた(2018/7FMC)
20年振りのフルモデルチェンジを行い、スズキ新型「ジムニー」が登場しました。「ジムニー」は軽自動車でありながら、本格的な走破性能の高い4×4のオフロードカーとして、世界中にコアなファンを持つ車です。新型車は実用性を追求したスタイリングが特徴で、機能的なカッコ良さをもっています。4代目「ジムニー」試乗してみました
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1