スズキ「スペーシアカスタムZ」試乗してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

スズキの「スペーシアカスタム」にゼッタイ、Zの「スペーシアカスタムZ」登場

スズキのスーパーハイトワゴン「スペーシアカスタム」に「Z」シリーズが追加されました。

「Z」シリーズは、これまでの「スペーシアカスタム」フロントデザインが、大人し過ぎたとの反省からか、フロントグリルに大きなメッキパーツを多用して、押し出しの効いたデザインとしています。

見た目はホンダ「N-BOX」や、ダイハツ「タント」に非常に近い印象を与えるもので、売れている軽スーパーハイトワゴンの、イメージに近づけた車になっています。

「スペーシアカスタムZ」のグレードは、ターボとNAの2タイプでそれぞれに、ユーティリティパッケージ装着車が準備され、ユーティリティパッケージの内容は、ナノイー搭載フルオートエアコン、バックアイカメラ、リア右側パワースライドドア、プレミアムUV&カットガラス(フロントドア)が標準装備されます。

今回の試乗車はターボエンジンの「スペーシアカスタムZターボ」です。

メッキパーツでより存在感が増した「スペーシアカスタムZ」

メッキパーツを多用した「スペーシアカスタムZ」は、存在感のあるフロントデザインとなっています。

「スペーシアカスタムZ」はアルミホイールのデザインが変更されています。

リアバックドアのガーニッシュもメッキへと変更されています。

リアクォーターパネルが、ピラーレスのように見えるのが「スペーシア」の特徴となっています。

「Z」はゴールド基調のインナーガーニッシュとホワイト基調のメーターパネル

インパネのセンターガーニッシュと、ステアリングガーニッシュが、ゴールド基調に変更されています。

メーターパネルはホワイト基調のデザインとされています。

パドルシフトはターボ車のみに装備されます。

インナードアハンドルガーニッシュも、ゴールド基調に変更されています。

ファブリック張りのシートは、「スペーシアカスタム」と同じデザインを採用しています。

助手席下にはトレイと、その下にはリチウムイオンバッテリーが配置されます。

リアシートを前方にスライドさせると、シートレールが露出することと、シートを倒しこんでも段差があり、フルフラットとならないことは「スペーシア」の改善点です。

R06A型ターボエンジンは、最高出力64PS/6,000rpm、最大トルク9.7kg·m/3,000rpmの性能で、JC08モードの燃費性能は26.8km/L(2WD)となっています。

タイヤサイズは165/55R15で、タイヤはブリヂストンエコピアが装着されています。

軽快な走りと良い乗り心地の「スペーシアカスタムZ」は悪路での安定性に課題が残る

「スペーシアカスタムZ」となり、変更を受けたフロントデザインは、ホンダ「N-BOX」と見間違うような、非常に近似性を感じるデザインとなっています。

現在、売れ筋となっている車を意識したものと思われますが、個性を感じさせる部分が少なくやや残念な仕上がりです。

シートに収まると、ピラーが細くデザインされているために、フロントクォーターウィンドからの斜め前方の視界が良く、右左折時の安心感を高めています。

室内に配されたゴールド基調のガーニッシュは、やや渋すぎる感じを受け、ポップなシートデザインとの相性は今一つと言ったところです。

ホワイト基調のメーターパネルは、スッキリとした飾り気の無い雰囲気になっており、エクステリアデザインを考えるなら、「スペーシアカスタム」の怪しげなブルー基調のカラーがマッチするのではと思えます。

走りはスズキ車の持ち味である軽量ボディの効果で、ターボを搭載した「スペーシアカスタムZ」は、スーパーハイトワゴンを感じさせない軽快な発進加速です。

乗り心地も55扁平で燃費指向のタイヤを履いていますが、上手くまとめ上げられていて、路面からの振動を伝え難く、クラスとしては不満が無い仕上がりです。

この良いフィーリングを伝える足回りですが、残念ながら弱点があります。

舗装状態が良い路面では、素直な挙動をみせるのですが、舗装状態が荒れた路面が連続すると、ハンドリングに安定感が無くなり、とても不安定な挙動をみせます。

重心が高くなる、ボディ形状の影響もあると思われますが、この辺りは熟成が成されていない印象です。

サスペンションを硬くすると、もう少し走行性能は安定すると思われますが、乗り心地は犠牲になりますので、「スペーシア」が使うプラットフォーム「テクト」での、セッティング限界を感じます。

「スペーシア」もフルモデルチェンジが行われると、新型車が続々と採用しているプラットフォーム「ハーテクト」を採用すると思われますので、その場合はより良い走行性を備えているものと思います。

さらに改善点を上げるとすると、ステアリングに装備されているパドルシフトとオートマッチックセレクトレバーです。

「スペーシアカスタム」のパドルシフトは、ステアリング操作の途中で干渉する場合があり、素早い操作を行うには支障が出る場面にも遭遇します。

車の性格を考えれば、パドルシフトの必要性は低いと思われますが、装備するのであればもう少し操作性は考慮して欲しかったところです。

オートマッチックのセクトレバーは、グリップ部分がやや小さな形状で頼りなく、握った感触も質感に欠け良くありません。

マニュアルミッションでは無く、パドルシフトも装備するため、セレクトレバーを操作する機会は少ないと思われますが、操作する度にどうしても安っぽく感じられます。

「スペーシアカスタムZ」登場の背景には、ホンダ「N-BOX」の好調な売れ行きがあり、そのスタイリングを実現させることが最優先されており、改善点と思われる部分は手を加えられていません。

しかし、軽スーパーハイトワゴンとしては、悪路での安定性を除けば、軽快で乗り心地の良い車に仕上がっています。

走行性能の改善は、次回フルモデルチェンジまで持ち越しとされたようです。

「スペーシアカスタムZターボ」のメーカー希望小売価格は、1,598,400円(2WD)となって,います。(ユーティリティパッケージ装着車は+81,000円です)

「スペーシアカスタムZ」のお勧めグレードを考えたのはこちらの記事です。

https://kuruma-kau.net/suzuki-spaciacustomz/
スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1