スズキ「スイフト」2017年度予防安全性能を考えてみる

Photo スズキ自動車工業 URL:http://www.suzuki.co.jp/car/swift

スズキ「スイフト」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。

「スイフト」はスズキが世界戦略車の中心に位置付ける車で、キビキビとした走りが特徴のコンパクトカーです。

「スイフト」に搭載されるのは、デュアルセンサーブレーキサポートと呼ばれるシステムで、単眼カメラとレーザーレーダーにより、障害物を認知し衝突を回避し被害を軽減させるものです。

予防安全性能評価試験に用いられた「スイフト」のグレードはHYBRID RSです。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

デュアルセンサーブレーキサポートの性能

デュアルセンサーブレーキサポートの性能は次のように説明されています。

デュアルセンサーブレーキサポートは走行時において、単眼カメラとレーザーレーダーが前方の車両または歩行者を検知し、「前方衝突警報機能」、「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」、「自動ブレーキ機能」によるサポートを行なうことで、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図る機能です。

作動時の速度が約5km/h~約50km/h 未満(対象が歩行者の場合は約5km/h~約30km/h 未満)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動ブレーキが作動する場合があります。

スズキ「スイフト」の予防安全性能は「63.2/79.0」の評価

参照:独立行政法人自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_2017.html

「スイフト」に搭載されるデュアルセンサーブレーキサポートは、79.0満点に対して63.2点の評価となり、各試験項目での評価は次のような結果です。

対車両に対しての被害軽減ブレーキ性能

「CCRs」試験用ターゲットを停止させた状態でのテスト。

スイフト:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h

「CCRm」試験用ターゲットを一定速でけん引した状態でのテスト。

スイフト:被害軽減ブレーキ試験 CCRm60km/h

AEBS(Autonomous Emergency Braking System)」とは、自動車が横断歩行者との衝突を回避又は衝突速度を下げるために自動でブレーキを操作する装置です。

「FCWS(Forward Collision Warning System)」とは、横断歩行者との衝突の危険性に応じて運転者に制動操作を促す目的で提供される、聴覚及び触覚・視覚情報を用いた警報です。

「CCRs」「CCRm」テストでは、試験された全ての速度域で衝突を回避し、「32.0/32.0」満点の評価です。

対歩行者に対しての被害軽減ブレーキ性能

歩行者ターゲットに対して「CPN」遮蔽物がない状態と、「CPNO」遮蔽物がある状態での性能は25.0満点に対して17.2点の評価です。

「CPN」遮蔽物がない状態でのテスト

スイフト:被害軽減ブレーキ試験 CPN20km/h

「CPN」テストでは時速30km/hまで歩行者ターゲットとの衝突を回避し、それ以上の速度になると衝突回避が行われません。

「CPNO」遮蔽物がある状態でのテスト。

スイフト:被害軽減ブレーキ試験 CPNO30km/h

「CPNO」テストでは時速30km/hまで衝突回避していますが、35km/hになるとシステムの反応が不安定になり、これ以上の速度になると衝突回避が行われません。

車線逸脱抑制テスト

スイフト:車線はみ出し抑制試験

デュアルセンサーブレーキサポートは、車線を逸脱すると警報で警告しますが、ステアリングアシスト機能がないため16.0満点に対して8.0点の評価です。

後方視界情報テスト

「スイフト」に搭載されるリアカメラの後方視界は、近接、近傍、遠方視界において問題がなく、安全をサポートする情報のため「6.0/6.0」満点の評価となっています。

デュアルセンサーブレーキサポート総評

「スイフト」に搭載されるデュアルセンサーブレーキサポートは、車両に対して5km/h~50km/h、歩行者に対しては5km/h~30km/hとされているように、システムに記される性能の中では、全て衝突回避を行っています。

デュアルセンサーブレーキサポートは、上限にあたる速度がやや低いのは気になりますが、システムがもつ性能はフルに発揮しています。

「スイフト HYBRID RS」の試乗記事はこちらです。

スズキ新型「スイフト」試乗してみた
4代目となる新型「スイフト」がHYBRID、ターボモデルをシリーズに加えて登場しました。新型「スイフト」では更なる低重心化と軽量化が図られ、意のままに操れるドライバーズファーストの思想で造り上げらています。低燃費と切れの良い走りの両立を目指す新型「スイフト」HYBRID RSに試乗してみました。

「スイフト スポーツ」の試乗記事はこちらです。

スズキ新型「スイフト スポーツ」試乗してみた
スズキのホットハッチ新型「スイフトスポーツ」の登場です。4代目となる新型「スイフトスポーツ」は、歴代で初となる3ナンバーのワイドボディとなり、安定感を一層際立たせています。新たに1.4Lターボエンジンを搭載した新型「スイフトスポーツ」は、どのような走りを魅せるのでしょうか。「スイフトスポーツ」試乗してみました。
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1