スズキ「ワゴンR」2017年度予防安全評価を考えてみる

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

最新「ワゴンR」のデュアルセンサーブレーキサポートのテストを公表

自動車事故対策機構から「ワゴンR」の、実車予防安全性能試験に基づく2017年度予防安全性能評価が公表されました。

2017年度の評価項目は車両に対しての被害軽減ブレーキ、歩行者に対しての被害軽減ブレーキ、車線逸脱抑制、後方視界情報の4つをポイント制の得点として評価しています。

2017年度から車線はみ出し警報試験が、車線はみ出し(逸脱)抑制試験へと強化され、総合得点の満点が前年度の71点から79点に変わりました。

この4つの項目の総得点が12点を超えると「ASV+」、46点を超えると「ASV++」と評価されより安全性の高い車であることが証明されます。

デュアルセンサーブレーキサポートの作動領域と性能

今回テストされた「ワゴンR」HYBRID FX に搭載される、デュアルセンサーブレーキサポートの作動領域と性能は次のように説明されています。

単眼カメラとレーザーレーダーが前方の車両または歩行者を検知し、「前方衝突警報機能」、「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」、「自動ブレーキ機能」によるサポートを行なうことで、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図る機能です。

作動時の速度が約5km/h~約50km/h 未満(対象が歩行者の場合は約5km/h~約30km/h 未満)であれば、衝突を回避できる場合があります。

周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動ブレーキが作動する場合があります。

「ワゴンR」のデュアルセンサーブレーキサポートの評価は「ASV++」

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/

「ワゴンR」HYBRID FX に搭載されるデュアルセンサーブレーキサポートの性能評価は、総合得点58.9の「ASV++」となっています。

各項目での評価と得点を確認してみます。

「AEBS(Autonomous Emergency Braking System)」とは、自動車が横断歩行者との衝突を回避又は衝突速度を下げるために自動でブレーキを操作する装置です。

「FCWS(Forward Collision Warning System)」とは、横断歩行者との衝突の危険性に応じて運転者に制動操作を促す目的で提供される、聴覚及び触覚・視覚情報を用いた警報です。

出典元:予防安全性能アセスメント|独立行政法人自動車事故対策機構

車両に対しての被害軽減ブレーキ

ワゴンR:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h
ワゴンR:被害軽減ブレーキ試験 CCRm60km/h

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

「ワゴンR」のデュアルセンサーブレーキサポート対車両での評価は、「32.0」点で満点の評価を獲得しています。

歩行者に対しての被害軽減ブレーキ

ワゴンR:被害軽減ブレーキ試験 CPN15km/h
ワゴンR:被害軽減ブレーキ試験 CPNO30km/h

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

対歩行者での被害軽減ブレーキは、満点25に対して「ワゴンR」のデュアルセンサーブレーキサポートは得点12.9となっています。

この5割強にしか満たない得点の要因として、遮蔽物が無い状態(CPN)のテストでは、時速10km/hでシステムの反応に不安定な状態が見受けられ、35km/h以上では衝突回避できない状態となっています。

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

遮蔽物がある状態(CPNO)から歩行者が飛び出すテストでは、時速30km/hからシステムの反応に不安定さが表れ、35km/h以上では衝突回避ができません。

加えて40km/hではさらに反応が不安定になり、全く反応しない状態も表れています。

車線逸脱抑制

ワゴンR:車線はみ出し抑制試験

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

車線逸脱抑制機能では満点16.0に対して、8.0の得点となっています。

車線を逸脱しても「ワゴンR」のデュアルセンサーブレーキサポートは、警報のみでステアリングアシストが行われないために、この得点となっています。

後方視界情報

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/pdf/

リアカメラによる後方の視界情報評価では満点6.0を獲得しています。

「ワゴンR」のリアカメラは近接視界、近傍視界、遠方視界ともに視認性に優れていると評価されています。

デュアルセンサーブレーキサポート今後の課題は、システムが安定して可動する領域を広げる安定性の確保と、それをより高い速度域へ拡大させることに加えて、車線逸脱抑制のステアリングアシスト機能の導入にあると考えます。

「ワゴンR」の試乗記事はこちらです。

スズキ新型「ワゴンR」試乗してみた(2017/2FMC)
「ワゴンR」がフルモデルチェンジされ6代目の登場となりました。新型「ワゴンR」では、「Sエネチャージ」から「HYBRID」へと名称が変更されたことに併せて、モーターを高出力化させ、アシスト領域を拡大させています。「HYBRID」の名称を付けた新型「ワゴンR」の進化は、どこまで進んでいるのでしょうか。
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1