スズキ新型「クロスビー」試乗してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

スズキファン待望の「クロスビー」いよいよ登場

2017年の第45回東京モーターショーに出品されていた、スズキの新型「クロスビー」がいよいよ登場して来ました。

「クロスビー」はバンのもつ広さと使い易さに、SUVの力強さを融合させることが開発のコンセプトとして造られ、登場の背景には軽自動車SUVとして大ヒットとなった「ハスラー」があります。

「ハスラー」がヒットした大きな要因は、軽自動車規格の中で実現させた、愛らしさと力強さの絶妙なスタイリングにあり、これが今迄にない玩具っぽいSUVとして人気を高めて行きました。

この愛嬌のある「ハスラー」を小型車で造るとどうなるのかは、大いに関心がもたれるところなのですが、その要望は以前からスズキに多く寄せられ、それに応える形で誕生したのが「クロスビー」なのです。

「クロスビー」のスタイルは「ハスラー」のイメージで造られてはいますが、ただワイドに「ハスラー」を引き伸ばしたのではなく、小型車の規格となったボディは、立体感のある厚みを感じるふくよかな形をしています。

さらに大径タイヤを装着し持ち上げられたボディは、「ハスラー」の玩具っぽさがなくなり頼れるSUVのスタイルで、ワイルド感は大幅にアップしています。

ボディの基本となるプラットフォームは、「イグニス」「ソリオ」と同じ新世代のハーテクトクトを使用しており、車体剛性を高めるとともに軽量化を行い、エンジンには「スイフト」に採用している、1.0Lブースタージェットエンジンを搭載し、これにマイルドハイブリッドシステムを組み合わせパワーと燃費の両立を図っています。

ブースタージェットエンジンと、マイルドハイブリッドシステムの組み合わせは、軽自動車の4代目「ワゴンRスティングレー」2代目「スペーシアカスタム」に続くもので、小型車では「クロスビー」がスズキ初となります。

ドライバー支援の衝突回避被害軽減ブレーキには、単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式の、デュアルセンサーブレーキサポートに、2代目「スペーシア」で初採用された後退時の事故被害を軽減する、後退時ブレーキアシストを装備し、衝突時の被害を軽減するSRSエアバッグと、SRSカーテンエアバッグも装備されます。

ボディカラーのバリエーションは、「モノトーン」「2トーン」「3トーン」が用意され、「モノトーン」では「スーパーブラックパール」「ピュアホワイトパール」「ミネラルグレーメタリック」の3タイプとなり、「2トーン」ではルーフ色ホワイト系が2タイプ、ブラック系が4タイプの合計6タイプで、「3トーン」はルーフ色ブラック、ホワイトともに1タイプずつの合計2タイプとなります。

このボディカラーのバリエーションに採用される、「ラッシュイエローメタリック」と「キャラバンアイボリーメタリック」は新しいカラーで、新型車「クロスビー」の個性を高めそうなボディカラーです。

グレードは “HYBRID MZ” と “HYBRID MX” 2タイプのシンプルな構成で、ベースグレードの  “HYBRID MX” でも、LEDヘッドランプなどの装備をオプションで装着可能としています。

これまでスズキ車の多くが、最上位グレードを選ばなければ、欲しい装備が手に入らない傾向にあり、ベースグレードでもオプション装着の幅を広げるのは好感のもてる設定です。

今回の試乗車は上位グレード “HYBRID MZ” (2WD)で、ボディカラーは3トーンコーディネート仕様ミネラルグレーメタリックです。

「クロスビー」のサイズを確認するために、同じスズキの「イグニス」とボディサイズ、室内寸法の比較をしてみます。

2WDクロスビー “MZ”イグニス “MZ”
全長(mm)3,7603,700
全幅(mm)1,6701,660
全高(mm)1,7051,595
室内寸法長さ(mm)2,1752,020
幅(mm)1,3551,365
高さ(mm)1,2801,250
ホイールベース(mm)2,4352,435
車両重量(Kg)960880
最小回転半径(m)4.74.7
最低地上高(mm)180180
燃料消費率(km/L)22.028.0

「クロスビー」は「イグニス」よりボディサイズが少し大きく、全高はその中でも違いが大きい部分です。

室内の長さ高さは「クロスビー」が大きくなっているのですが、室内幅は「イグニス」が広くなっています。

ホイールベースが同じなのは、プラットフォームを共用していることによるものです。

ターボエンジンの「クロスビー」は、「イグニス」よりも車両重量が重く、燃費性能も悪くなっています。

「クロスビー」は想像以上に豊かなボディライン

丸形のヘッドランプにシルバーのバンパーガーニッシュが、「ハスラー」のイメージを引き継ぎますが、フロントフェンダーが膨らみワイド感が伝わるデザインです。

デュアルセンサーブレーキサポートが装備されます。

ホイールアーチとドア下側にはプラスチックのガーニッシュ(スプラッシュガード)カバーが使われ、SUVテイストを高めています。

ドア下側のガーニッシュはボディよりも張り出した形状で、プロテクター効果をアピールするデザインになっており、ガーニッシュカラーはディーラーオプションで交換可能です。

リアスタイルは「ハスラー」とは違い丸みを帯びた面で構成され、ルーフに向け絞り込まれるシンプルなデザインです。

タイヤとボディの広い隙間が走破性の高いSUVをイメージさせ、ワイルドな雰囲気を高めています。

搭載されるブースタージェットエンジンは、最高出力99PS/5,500rpm、最大トルク15.3kg・m/1,700-4,000rpmのスペックで、モーターは最高出力3.1PS/1,000rpm、最大トルク5.1kg・m/100rpmになっています。

タイヤサイズは175/60R16で、タイヤはブリヂストンエコピアの燃費指向タイヤが装着されています。

インテリアも「ハスラー」の流れを汲むデザイン

水平基調のインパネは中央の大きなカラーパネルが、「ハスラー」のイメージを踏襲しています。

メーターナセルの上端はやや高く、厚みのあるデザインから力強さが伝わるのですが、少し盛り過ぎ感があります。

メーターは中央に大型のスピードメーター、左に小型のタコメーター、右にはインフォメーションディスプレイパネルが配置され、パドルシフトが装備されます。

メーターのタイプは真下が0を指す、高回転の視認性を重視したデザインを採用しています。

アイドリングストップするタイミングと、アイドリングストップからエンジンが再始動するタイミングを、標準、燃費優先、快適優先の3つのモードから選ぶことができます。

空調コントロールのデザインは「イグニス」と同じですが、設置場所が運転席から離れており、アプローチにやや問題を感じます。

センターインパネのハザードスイッチパネル、空調とATセレクトレバーを囲むシルバーガーニッシュが、やや安っぽい仕上げでチープな質感です。

シート表皮はファブリックで柔らかく仕上げられており、撥水処理加工が施され水に濡れた場合でも簡単に拭き取れます。

ミネラルグレーメタリックのボディカラーには、イエローパイピング&イエローカラーアクセントのシートが組み合わされます。

リアシートは十分な広さとヘッドスペースが確保されて、「イグニス」よりも広くカタログスペックとの違いがあり、大人2人なら余裕で座れる広さです。

つま先が前席シート下に潜り込むようになっていますので、シートを最も前方にスライドさせても、なんとか座れるスペースがあります。

ラゲッジスペースは全長が4mを切るコンパクトボディなので、リアシートを後方まで下げてしまうと狭くなり余裕がありません。

ラゲッジフロアが高くルーフまでが近くなっているので、それなりに荷物を積む容量を確保するには、リアシートの位置を調整する必要があります。

またラゲッジフロアの開口部も高い位置になっていますので、重い荷物を出し入れするには苦労しそうです。

ラゲッジフロアの下には容量81L(2WD)の、深いアンダーボックスがありここを利用することで、ベビーカーなどを立てた状態で収納することが可能となっています。

ラゲッジフロアは「ハスラー」で採用した防汚タイプが採用され、汚れたものや濡れているものでも気にすることなく積み込め、ハード使用に耐える作りです。

SUVを超えるワイルドさを感じる「クロスビー」

「ハスラー」がステップアップするとどうなるのか、好奇心と期待を込めて新型「クロスビー」と対面します。

「クロスビー」の第一印象は、確かに「ハスラー」だけどデカイなと感じさせるボリュームがあり、「ハスラー」の玩具っぽい印象は「クロスビー」では力強さに変わっています。

実際はAセグメントに属するサイズなので、コンパクトカーなのですが、サイドから見ると高くなった車高と、持ち上げられた最低地上高、大径タイヤとタイヤハウスの大きな隙間が、「ハスラー」の玩具っぽさをなくし、ショートボディが本格的4×4を連想させます。

フロントデザインは「ハスラー」のイメージですが、リアスタイルは「クロスビー」独自のデザインで、シンプルですがアニメの動物キャラを想像させるような、ユニークさをもっています。

高めのフロアの「クロスビー」に乗り込むと、インパネ中央には大きなカラーパネルが左右に伸び、「ハスラー」をイメージさせるデザインです。

インパネセンターシルバーガーニッシュの、プラスチック感が強く、ややチープな仕上げとなっていて、車の性格を考えるともう少し質感を高めて欲しいところです。

空調コントロールは一見して「イグニス」から拝借してきたと分かるデザインで、助手席側に少しオフセットされているので、操作は少し遠く感じられます。

撥水処理加工がされたカラフルなパイピングシートは、柔らかな触感で体を包み込む仕様で、体が包み込まれることで適度なホールド性があり、快適な座り心地ですが経年変化で柔らかくなり過ぎ、腰が失われるのではと少し心配になります。

活発なターボエンジンと高速道路を想定した足回り

ドライビングポジションを合わせると、メーターナセル上端が厚く気になることと、後退時の斜め後方視界が少し悪いことがやや不満ですが、その他はコンパクトSUVとして良い視界を確保しています。

本革のシフトノブを操作しDドライブに入れ、アクセルを軽く踏み込むと、1.0Lのターボエンジンは960kgの「クロスビー」を軽快に加速させて行きます。このエンジンの真のパワーを感じるのは、3千回転よりも上にありますが、それより下の回転域でも粘るように加速する、フレキシブルな特性をもっています。

外観からは速そうなイメージがない「クロスビー」ですが、この加速感は想像以上の走りで、フルの人員で乗車したとしても、力不足を感じるのは少ないと思える動力性能です。

この活発なエンジンとコンパクトなボディは、軽快な動きを見せるのですが、曲がった道を飛ばすようにはできていません。

直進走行では落ち着いた動きをするのですが、スピードを上げカーブに入って行くと、ステアリングの反応がやや唐突になり、安定感のない挙動を示すようになります。

ステアリングを通じて伝わる路面の感触も、曖昧なところが多くリニアティに欠けます。

スズキからもワインディング道路での操縦性は追求しないで、高速道路などでの安定性を重視したとコメントされていますので、狙い通りに仕上がっていると思えますが、カーブでの安定性はもう少し高めて欲しい部分です。

トランスミッションは6速ATが採用されており、CVTよりも低速からのピックアップに優れ、メリハリの効いた加速を提供していますが、稀に低速域でギアの選択が不自然になる領域があり、そこでは不快な細かな振動が伝わってきます。

省燃費タイヤを履いた乗り心地は、やや硬めに感じられ路面が少しでも荒れていると、コツコツとした振動が伝わりますが、SUVにありがちなフワフワとして、ロール速度が速くないところは好感がもてる部分です。

これまでは「イグニス」が「ハスラー」からのステップアップ版でしたが、より具現化した「クロスビー」の登場により、「ハスラー」からの乗り換えでけでなく、最初から広い「クロスビー」という選択も可能となりました。

遊べる「ハスラー」の思想を引き継いだ「クロスビー」は、ユニークなスタイルとともに、使う(遊ぶ)ことに価値がある車に、スズキは上手く造り上げています。

試乗した「クロスビー」“HYBRID MZ” 3トーンコーディネート仕様車の、メーカー希望小売価格は、2,046,600円(2WD)となています。

「クロスビー」の予防安全性能評価が自動車事故対策機構から発表されました。

スズキ「クロスビー」の予防安全性能評価を考えてみた | tatumiの車探訪記
スズキの個性的なコンパクトSUV「ハスラー」の、予防安全性能評価が自動車事故対策機構から公表されました。「ハスラー」のデュアルセンサーブレーキサポートは、、単眼カメラとレーザーレーダーが、前方の車両と歩行者を検知し、「前方衝突警報機能」、「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」、「自動ブレーキ機能」により衝突回避支援を...
スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1