車が高く売れる時期

スポンサーリンク
試乗記682×171

1年に3回の需要ピークがあります

車の売買が、活発になるのは3、4月とボーナスシーズンです。

業者は、活発に売買される時期の前に、車を仕入れて在庫を増やしておきたいので、シーズン前に、売却すると高値で引き取られる事が多くなります。

売却のタイミングとしては、シーズンの1、2ヶ月前までに売却するのがおススメです。

季節で高く売れる車種は変わります

春先は、就職、進学、転勤など、これから新生活に向けての準備が始まり、それに伴い車の需要も増えます。

特徴としては、コンパクトカー、軽自動車に人気が集まる傾向に有ります。

最初に乗る車として「価格が手頃」「取り回しがし易い」「維持費が安い」などで選ばれる理由となっています。

夏は、レジャー、アウトドアに向く車の需要が高まります。

1BOXワゴン、ステーションワゴンなど多人数で移動し、荷物も積める車が人気を集めます。

オープンカーもこの時期に取引が増えます。

冬は、走破性能が高い4WDの需要が増えます。特に、雪が多く降る地域での需要が高まります。

年始年末の帰省や旅行に、ワゴン車も引き合いが多くなります。

ワゴン車は、夏と冬に2回需要が有り、有利に売れる車種と言えます。

高くなる時期を待っての越年はしない

注意しておく事は、すでに意中の車が有り、買い替えの準備が整っているのなら「高くなる時期が有る」と言っても、越年させない事です。

例えば、コンパクトカーや軽自動車を「来年の春まで待って売る」のはお勧め出来ません。

車は、年月を重ねる毎に、車両価値は徐々に下がって安くなって行きます。特に、越年させてしまうと、1年古くなってしまった車として、扱われてしまい買取額は下がります。

需要が有るからと言って、翌年に売却しその差額以上の、買取額を引き出せるかは難しい所です。

新車の登録でも、年末にしてしまうと、年が明ければ昨年車となってしまいます。これが後々売却時には、年末にするか、翌年明けにするかで、1年もの差が付いてしまい、買取額に影響するのです。

買い替えの意志、準備が整っているのなら、早々に行動した方が高値で売る事が出来ます。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1