タントカスタム/N-BOX カスタム比較2019

軽自動車に広さビックバンの革命を起こしたのはダイハツの「タント」だ。

軽自動車の経済性の良さを認めながらも、多くのユーザーが狭さゆえに不満を抱くことをみて、スズキが「ワゴンR」をダイハツが「ムーヴ」のハイトワゴンで、背を少し高くしそれを解消したクルマを登場させます。

さらに、ダイハツはハイトワゴンよりも、背の高いクルマに需要があることを見抜き、スーパーハイトワゴンの「タント」を誕生させるのです。

当時全高が1,800mmにも及ぶ軽自動車は、軽バンしか存在しない状況だったため、初代の「タント」はワゴンタイプの軽として、一般のユーザーから支持を集めヒット作なっていきます。

その後他の軽自動車を作るメーカーは、「タント」の成功をみて追随を始めますが、ホンダはあのような背の高い軽は、走行安定性と重くなることでの動力性能に、疑問が残るとして当初否定的な考えをもっていました。

しかし、スーパーハイトワゴンの人気は衰退するどころか、ますます過熱する勢いを見せ始めたことで、ホンダはついに「N-BOX」を登場させるのです。

ホンダは軽スーパーハイトワゴンに、ネガティブな考えをもっていたことから、「N-BOX」ではその弱点を克服するため、十分な動力性能と安定した走りを実現させることに力を注ぎ、走りを疎かにしないホンダの姿勢を込めたクルマとしていました。

このホンダのコンセプトはそれまで室内は広いが、走りは我慢させられると思われていた、軽スーパーハイトワゴンのイメージを大きく変え、経済性、広さに加え走りを備えた軽自動車として、大きな支持を集めます。

現行の「N-BOX」は2代目となり正常進化ともいえる走行性能は、目を見張るほどの向上をみせ、先代を超える人気は国内で最も売れる車の代名詞となり、断トツの販売台数を記録しています。

このような状況を元祖スーパーハイトワゴンを送り出したダイハツが、手をこまねいて見ているはずもなく、6年振りとなるフルモデルチェンジを行い4代目「タント」を登場させます。

4代目「タント」はトヨタのTNGA思想に習い、ダイハツDNGAに基づき開発が行われ、今後10年先までの使用を前提とした、軽自動車や小型車の基礎となる根幹部分を使った最初のクルマです。

その内容は新型のプラットフォームに始まり、日本初のマルチスパークエンジン、世界初となるスプリットギアにをもつCVTなど、ダイハツ史上初となる多くの新開発技術を導入しています。

また、機能の充実にも抜かりはなく、軽自動車初となる複数の装備を搭載し、使うクルマとしての魅力はしっかりと追求しています。

現在の王者「N-BOX」に対して、かつてのチャンピオン「タント」は、これまでにない開発を行い、長足の進化を遂げ戦いを挑もうとしています。

軽自動車の頂上決戦ともいえる両車の争いは、非常に激しいものとなりそうですが、両モデルはどのように違うのかまた、どこが優れているのか比較してみます。

比較するのは「タント カスタム」RSターボ、「N-BOX カスタム」G・Lターボ Honda SENSINGのターボエンジンを搭載するグレードです。

スポンサーリンク
試乗記682×171

スタイルは柔らかな「タント カスタム」強さの「N-BOX カスタム」

4代目となる新型「タント カスタム」は先代に比べると光り物のパーツが減り、シンプルでスッキリとしたスタイルは、スマートで垢抜けた印象です。ダイハツのデザインは垢抜けないところに、魅力があったりするのですが、近年はアクがとれたようなデザインとなり洗練さが増しています。

スタイル自体に新しさは少なく、現在No.1の「N-BOX」をイメージしてしまう造形は、売れているクルマを意識し過ぎたと感じさせ、売るにはこの形が必要と考えたのかも知れない。

しかし、サイドは微妙な曲線で変化をつけ、厚みを感じさせる面の構成は、軽自動車のパネルの薄さを意識させないデザインとなっています。

2代目「N-BOX」が登場したのは現在から2年程前となる2017年9月です。そのスタイルは人気を集めた初代の正常進化版といえ、全体のイメージはそのまま引き継ぎ、細かなディティールの変更で、新しいモデルとしてのブラッシュアップを図っています。

初代のソリッドでシャープな雰囲気から、角を丸めよりキューブ型となりボリュームを感じさせるボディは重量感が増しています。

ボンネットフードとリアコンビネーションランプの形に独自性があり、2代目「N-BOX」だと感じさせるアイコンとなっているが、それ以外で特徴といえる部分が少ないのは、効率が重要となるスーパーハイトワゴンのスタイルを考えると、同じような形となってしまうのは致し方ないのかも知れない。

この両モデルのスタイルの違いを極端にいってしまうと、「タント カスタム」は女性的な印象で「N-BOX カスタム」は男性的な強さが感じられます。

「タント カスタム」の角が目立たないラインは、柔らかなイメージがボディから伝わり、やり過ぎないメッキ加飾も、人を遠ざけることがなくフレンドリーです。

「N-BOX カスタム」は角の張ったボンネットフードがサイドまでを覆う、クラムシェルフード風のデザインが、力強く威圧感も多少ながら存在します。

ただ、この部分が強調され過ぎて、おかしな表現ですがおでこのようにも見えてしまいます。しかし、平面で四角いフロントはギリギリまでスペースを追求した、機能優先のスタイルにも感じさせます。

また、「タント カスタム」は水平のラインでシンプルなスッキリとした顔つきですが、「N-BX カスタム」はU字型のラインが多く、少々複雑で鬱陶しく思えるフロントです。

サイドから見ると「タントカスタム」はボンネットフードがスラントし、「N-BOXカスタム」は水平にされているのが良く分かります。

加飾を抑えたシンプルなデザインの「タントカスタム」リアスタイル。

「N-BOXカスタム」のリアはリアコンビネーションランプと、つながるようにメッキガーニッシュを配置しています。

スタイルは両モデルともに非常に近いデザインなので、柔らかな印象のクルマなら「タント カスタム」で、力強さを求めるなら「N-BOX カスタム」です。ただ、リアコンビネーションランプなどは、「N-BOX カスタム」が手の込んだデザインを採用し細部までの作り込みを感じさせます。

「タント カスタム」のリアコンビネーションランプは、平凡で面白さに欠け、フロントと比べるとやや力不足です。

広がりを感じる「タント」機能的で作り込んだ「N-BOX」

インパネは「タント カスタム」が広さを感じさせることを優先し、「N-BOX カスタム」はメーターやナビを高めの位置に配置し、積極的に視認させようとするデザインです。この違いは助手席に座ると明確に感じられ、目の前が広がる「タント カスタム」は小型車のように感じられます。

また、「タント カスタム」の空調やシフトレバーを配置するセンターパネルは、ブラックパネルに加飾がされ質感が高く、「N-BOX カスタム」より作り込を感じます。さらに温度コントロールダイヤルも大きく、操作性にも優れています。

「タント カスタム」はデジタルのスピードメーターに、マルチインフォメーションディスプレイを組み合わせ、「N-BOX カスタム」はアナログメーターにマルチインフォメーションディスプレイです。

「タント カスタム」のメーターはグラフィカルな表示で、近代的ではあるのですが、視認性ではオーソドックスな「N-BOX カスタム」が優れ、視線を瞬間的に移動させても確認が容易です。さらに「タント カスタム」はステアリングに、メーターが隠れる部分があり、見易さでは「N-BOX カスタム」に及びません。

全体的な室内の印象は助手席前やドアトリム、ステアリングに加飾パネルを多用する「N-BOX カスタム」の、質感が高く豪華に感じるインテリアです。

「タント カスタム」はセンターパネルの質感では「N-BOX」を超え、皮革調のパネルも使ってはいるのですが、細部の作り込みが不足しトータルで負けている印象です。

「タント」のシートは進化したが作りと質感では「N-BOX」

「タント カスタム」のファブリック×ソフトレザー調シートは、これまでのダイハツ車のシートからすると、ソフトな感触の適度に体が沈み込む感覚は

特にリアシートはこれまでの長いすのような乗り心地から、ソファーに掛けたようになり、カーブでも体がズレることが少なくなっています。

「N-BOX カスタム」はプライムスムース&トリコットコンビシートを採用し、落ち着いたデザインと高い質感は軽自動車とは思えないほどの仕様です。

「タント カスタム」はシートが改良され、リアシートの乗り心地では「N-BOX」より座面のクッション性が良く優れていると感じます。

しかし、サポート性と質感では「タント」は「N-BOX」に負けていて、少し渋い色使いですが「N-BOX」のシートは、細かなところまでデザインされています。

なお、リアシートの足元は「N-BOX」が少し広く感じますが、「タント」でも不満はなく十分な広さがあります。

タントN-BOX
室内長さ(mm)2,1802,240
幅(mm)1,3501,350
高さ(mm)1,3701,400

荷室開口部広さは「タント」だが総合的な使い易さでは「N-BOX」

4代目タントカスタムの荷室

「タント」の荷室はバンパー付近まで開口部が広く開きますが、「N-BOX」はバンパーに近づくほど狭くなります。また「N-BOX」は「タント」より、サイドパネルの張り出しが大きく、若干ですが積載性では悪くなっています。

しかし、「N-BOX」はサイドはプラスチックパネルが使われ、不織布調の「タント」と比べると傷つき難く耐久性が考慮されています。

リアシートを倒したフロアは「N-BOX」がフルフラットに近く、「タント」はリアシートの盛り上がりが大きく使い易いのは「N-BOX」です。

さらに、「N-BOX」はリアシートを倒してもスライドが可能で、それができない「タント」はリアシートを倒す前にシート位置を調整する必要があります。

進化したが「タント」の走りは「N-BOX」を超えていない

実際に両モデルを走らせると「タント」は、残念ながらまだ「N-BOX」に迫ってはいるけれど、超えるまでのレベルには到達していないと感じます。

「タント」の新開発されたプラットフォームは、安定性が高く先代から大幅に進歩していて、直進安定性では「N-BOX」と互角のレベルです。

しかし、走行性能を追求する「N-BOX」は、回頭性を高めるアジャイルハンドリングアシストにより、カーブでも素直にクルマが内側に向き、曲がり難いスーパーハイトワゴンの特性がそのまま残る「タント」に差をつけています。

また、高性能なショックアブソーバーを採用した、「N-BOX」の足回りは安定性が高く、背の高いクルマを感じさせないコーナリングは、登場より2年が経過した今でも卓越したレベルです。

さらに、ステアリングの初期反応が遅い「タント」は、リニアに応答する「N-BOX」と比べると、大きな弧を描き易く操作性もクルマの性格を考えると重過ぎます。

日本初のマルチスパーク技術を採用する「タント」の新エンジンは、これまでの課題であった、低回転域でのトルクアップには成功していますが、ターボエンジンはパワーの出方が唐突です。

新開発となったCVTもこのターボエンジンを、補うほどの特性が与えられておらず、残念ながら市街地ではこれまでと変わらないフィーリングで、先にエンジンが高まり加速が遅れてついて来ます。

「N-BOX」のターボエンジンは可変バルブ機構こそ組み込まれていませんが、電動ウェイストゲートが、ブースト圧を緻密にコントロールし、低回転から高回転までスムーズにパワーを発揮させます。

CVT特有のラバーバンドフィールはあるのですが、エンジン特性がそれをフォローしていて、シームレスな加速をみせるのとすると、「タント」は対照的で2次的にスピードが増します。

そのため、加減速を繰り返す場面での走りは得意ではなく、パワーバンドに乗るとブレーキを踏む繰り返しになり少々ストレスが溜まります。

タントカスタムRSターボ(FF)N-BOXカスタムG・Lターボ(FF)
エンジン型式KF型SO7B型
種類水冷直列3気筒12バルブDOHC水冷直列3気筒12バルブDOHC
排気量(L)0.6580.658
最高出力(PS/rpm)64/6,40064/6,000
最大トルク(kgf・m/rpm)10.2/3,60010.6/2,600
圧縮比9.09.8
車両重量(kg)920930
燃費性能JC08モード(km/L)25.225.0

予防安全性能とドライバー支援機能を比較

タント カスタムRS 次世代スマートアシストN-BOX カスタムG・Lターボ Honda SENSING
システムステレオカメラミリ波レーダー+単眼カメラ
対車両衝突回避60m以内 速度差30~80km/h自車速度5km/h以上 速度差5km/h以上
対歩行者衝突回避30m以内 速度差30~50km/h自車速度5~100km/h 速度差5km/h以上
車線維持機能60km/h以上ACC作動時(オプション)65km/h以上
車線逸脱抑制60km/h以上60~100km/h
歩行者事故低減ステアリング10~40km/h
ACC全車速追随(オプション)30km/h以上
誤発進抑制10km/h以下 前・後進(+ブレーキ機能)10km/h以下 前・後進
ヘッドライトコントロール30km/h以上 アダプティブビーム30km/h以上 オートハイビーム
標識認識60km/h以下60km/h以下
パーキングアシストオプション
コーナーセンサー標準装備

「タント」次世代スマートアシストは全車速追随のACCやブレーキ機能がある誤発進抑制、 アダプティブビーム、パーキングアシスト、コーナーセンサーなど、「N-BOX」のHonda SENSINGにはない機能でリードしていますが、残念なのは一部オプション扱いとされ、車線維持機能はACC作動時と限定されています。

「N-BOX」のHonda SENSINGは衝突回避に対応するスピード領域が「タント」の次世代スマートアシストより広く、歩行者事故軽減ステアリングをもつのが優れている部分です。

装備と価格を比較

タント カスタムRSターボ(FF)N-BOXカスタムG・LターボHonda SENSING (FF)
ヘッドランプフルLED(サイドビューランプ・アダプティブビーム)フルLED
リアヒーターダクトオプション標準装備
運転席ハイトアジャスターオプション標準装備
運手席・助手席シートヒーターオプション-(4WDのみ)
シートファブリック&ソフトレザー調プライムスムース&トリコット
チルトステアリングオプション標準装備
リアセンターアームレスト左右独立
ターンランプノーマルシーケンシャル
360°スーパーUV・IRカットオプション標準装備
スライドドアウェルカムオープン標準装備
スライドドアタッチ&ゴー標準装備
運転席ロングスライド標準装備
パドルシフト標準装備
アジャイルハンドリングアシスト標準装備
USBジャック1個2個
ETCオプション標準装備
スピーカー2個8個
メーカー希望小売価格1,749,600円1,895,400円

「タント カスタム」はスライドドアのウェルカムオープン・タッチ&ゴーなどの、便利な機能が標準装備とされていますが、運転席ハイトアジャスター、チルトステアリングなどの基本機能がオプション装備です。

また、ヘッドランプがフロントを広角に照らすサイドビューランプ、明るさをキープしたまま減光するアダプティブビームは、「N-BOX」にはなく優れている装備です。

「N-BOX カスタム」は必要と思われるものは標準で装備され、アジャイルハンドリングアシストなどの電子デバイスも備えるため、価格は145,800円高い設定となっています。

ちなみに、「タント カスタム」の装備を「N-BOX カスタム」に合わせるとすると、コンフォータブルパック、スマートクルーズパックが必要で、これを装備すると「タント カスタム」の価格は1,841,400円です。

良いものは何でも使う「N-BOX カスタム」はそれが価格に反映し、「タント カスタム」は一部装備をオプションとし、質感も抑えることでコスト管理を行い、価格をコントロールしています。

子育て世代なら「タント」世代を問わない「N-BOX」

やはり「N-BOX」は軽自動車をブレークスルーしたクルマだと思う。

打倒「N-BOX」を掲げこれまでにない新開発した「タント」は、走行安定性やエンジンの低速トルクでは、肩を並べるレベルまで進化しているが、曲がる性能やドライブしたときの気持ちよさでは「N-BOX」を超えていない。

頂上決戦となる戦いにダイハツはホンダとの同じ土俵での勝負を避け、「タント」が「N-BOX」よりアドバンテージをもつ長所の部分を、さらに伸ばすことで相手を上回ろうとする戦略だ。

新型「タント」は特徴であるミラクルオープンドアと、運転席ロングスライド、スライドドアの予約ロック・ウェルカムオープン機能など「N-BOX」にはない装備です。

リアシートにチャイルドシートを設置するなどの場合は、運転席ロングスライドは重宝する機能で、一旦車外へ出ることなくリアシートへアクセスが可能です。

また、子供はクルマを降りる直ぐに走り出してしまうこともあり、スライドドア予約ロックは、そのようときでも子供に集中することができる。

このように「タント」は子育て世代にとって、痒い所に手が届く便利な装備が揃えられ、使い易くするための機能では「N-BOX」を上回っています。

そのためファミリー層にはじゃじゃ馬的なターボエンジンより、ノーマルエンジン搭載の「タント」が使い易く、新型車の安定性とともに便利さを実感できます。

「N-BOX」の良さは軽スーパーハイトワゴンと思えない程の安定性の良さと、操縦性の高さにあり、その完成度の高さは軽自動車のクオリティを完全に超えています。

この走りを支える足回りも、「タント」と比べると「N-BOX」はしなやかで硬さがなく、路面からの衝撃も角が少なく、良い乗り心地を提供しています。

さらに、「タント」では足回りから走行音の侵入を許していますが、「N-BOX」はこの音を上手く遮断していて静かな室内を実現させています。

クルマ本来の基本性能や安定性の良さを優先させ、完成度の高さを求めるなら「N-BOX」です。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1