新ジャンルクロスオーバーコンセプト トヨタ「Tj CRUISER」を発表

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

VANとSUVのいいとこ取りを狙う「Tj CRUISER」

トヨタは第45回東京モーターショー2017において、VANの積載性能とSUVの力強いデザインを融合させた新ジャンルのクロスオーバーコンセプト、「Tj CRUISER(ティ・ジェイ・クルーザー)」を発表します。

車名の「Tj CRUISER」は、アクティブに“使い倒せる”TOOL-BOXの「T」と、クルマと様々な場所に出かける楽しさを意味するJoyの「j」に、トヨタのSUVラインアップに伝統的に使用してきた「CRUISER」を用いて力強さを表現したとされています。

プラットフォームは次世代のTNGAとされていますので、現在のTNGAの進化型かVAN+SUVの「Tj CRUISER」向けにリファインされたものになると思われます。

パワーユニットは2.0Lクラスガソリンエンジンと、ハイブリッドシステムが用意される予定で、駆動方式は2WDまたは4WDとなっています。

この「Tj CRUISER」は、近々生産が中止される「FJクルーザー」の後継車種と考えられていましたが、コンセプトは「FJクルーザー」とやや違ったところを狙っているようです。

スタイリングは、VANのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビンに、SUVらしい大径タイヤによるしっかりとした足回りと、力強いフロントビューを融合し、VANとSUVそれぞれの良さを両立させた新ジャンルを表現したとされています。

フロントビューは飾り気の無い無骨なデザインで、オフローダーの力強さを感じさせます。

リアビューはVAN的なイメージが強くなっていますが、太いタイヤがSUVらしいワイルドさを感じさせます。

ボンネットとルーフ、フェンダーなどには、物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(強化塗装)が採用されていますので、アウトドアライフに頼もしい仕様です。

バックドアは上方まで大きく跳ね上がり積載性を向上させています。

ボンネットフードは後方から開く方式ですが、整備性を考えると前開きが良いのではと思えます。

ボンネットが地面からかなりの高さに感じられますので、ドライビングポジションもそれなりの高さになるものと想像されます。

SUVなのにスライドドアを持つところが「Tj CRUISER」の大きなポイントで、SUVとVANの融合と言われるところを見せています。

助手席側は約3メートルの長さを持つフラットフロアとすることが可能で、サーフボードなどの長尺物を積めるスペースを作り出すことが出来ます。

フルフラットになるフロアには、座席シートの裏側やデッキボードなどに多数の固縛ポイントが設けられていて、小さな荷物から長尺物まで自由に固定可能としています。

さらにスライドドアとすることで、横からの荷物の出し入れや狭い場所での乗り降りを容易にしています。

運転席側の後部座席は、シートクッションを前側に立てることで、買い物袋などの荷物を置ける物置スペースを確保しています。

また、バックドアの開口スペースを広く取ることで、自転車など大きな荷物の出し入れを容易にしています。

利便性を高めるスライドアや、フルフラットフロアにバックドアの開口部大きさを考慮した仕様は、VAN的な要素を強く感じさせる仕上がりです。

インパネはトレンドの水平基調でスッキリと仕上げられてシンプルな印象です。

「Tj CRUISER」は仕事と遊びを垣根なく楽しむ、新たなライフスタイルでの使用をイメージしたとされていますが、デザインからすると仕事より遊び向きではと思える仕上となっています。

最後にコンセプトカー「Tj CRUISER」と「FJクルーザー」の主要諸元を比較してみます。

Tj CRUISERFJ クルーザー
全長(mm)4,3004,635
全幅(mm)1,7751,905
全高(mm)1,6201,840
ホイールベース(mm)2,7502,690
乗員定員(人)45

「Tj CRUISER」は「FJクルーザー」よりコンパクトな外観とされ、乗員定員も現在のところ4人乗りで設定されているようです。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1