トロロッソ・ホンダ4位入賞の躍進を見せる

2018 F1 バーレーンGPにおいて、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが4位に入賞し、開幕戦での不調を吹き飛ばす走りをみせ、今後のGPシリーズに大きな期待をもたせるレースとなりました。

バーレーンでのトロロッソ・ホンダは、新しい空力パッケージを持ち込み、これが狙い通りの効果を発揮し、フリー走行からドライバーも含めチームは大きな手応えを感じていました。

開幕戦でトラブルが発生したホンダのパワーユニットは、これを払拭するように快調に回り続け、チームのセットアップに貢献して行きます。

この結果予選でピエール・ガスリーが、メルセデス、フェラーリ、レッドブルのトップ3に次ぐ6位のポジションを獲得し、決勝のスターティンググリッドは、メルセデス1台のペナルティで、5位のポジションからスタートすることになります。

ホンダ復権の口火を切ったバーレーン

決勝レースでピエール・ガスリーは最高のスタートを決め4位に浮上し、その後も巧みなドライビングで4位をキープし、そのままゴールのチェッカーを受けます。

上位のマシンがリタイヤする幸運にも恵まれ獲得した4位ですが、トロロッソ・ホンダのパフォーマンスは決勝でも素晴らしく、3強に次ぐ中団のトップレベルであることを証明しています。

中でも新人ドライバーガスリーのドライビングは高く評価され、まるで100戦F1レースを戦ってきたベテランのようだと、トロロッソのチーム代表トストが称えるほど、彼のレース運びは冷静で、持てる力をフルに使い勝ち取った4位と言えるレースでした。

ガスリーはこのレースでファンが投票で選出するドライバー・オブ・ザ・デイに選ばれ、そのファイト溢れるドライビングを称えられています。

一方ガスリーのチームメイトとなるブレンドン・ハートレーは、予選Q3進出を僅かな差で逃し、決勝レースでも速さを示していましたが、ドライビングミスによるペナルティを受け、13位完走が最下位の17位のリザルトとされています。

ハートレーはミスがなければ十分にポイントは獲れたと話しており、彼のマシンにもエンジントラブルの兆候はなく、最後までレースを走り切っています。

開幕戦でトラブルに見舞われ、深刻な事態と思えたホンダエンジンは、予選、決勝レースを通じて安定したパフォーマンスを発揮し、実施した対策の効果が表れたレースとなり、ホンダは2015年にF1に復帰して以来の最高のポジションを獲得しました。

これまで期待されて来ましたが、実績を残すことができないことで、常に批判の的となり辛酸をなめる思い出戦っていたホンダに、ようやく陽が射すときが訪れたのです。

この結果でホンダもある程度の確信を得ることができ、エンジン開発の方向性が定まり、パワーアップを図って行くことでしょう。

しかし開幕戦でトラブルが発生し、ガスリーには2基目のエンジンとエレメントが投入され、ハートレーには2基目のエレメントが投入されたことは、パワーユニットの使用制限が厳しく規定された今シーズンで、不利な状況になったのは事実です。

2018年シーズンでバーレーンGPは、ホンダ復権に向けて踏み出し、反撃の口火を切ったレースです。

このレース結果はラッキーな部分もあり、常にこのポジションをキープする力は、現在のトロロッソ・ホンダにはありませんが、チャンスを確実にものにする力は、チームにもドライバーにも備わっています。

今後ホンダが飛躍するためにも、チャンスを掴み取るレース運びは重要になります。

期待されるレッドブル・ホンダに、少し近づいたと思えるバーレーンでのレース展開です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1