トヨタ「オーリスハイブリッド」試乗してみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

「オーリス」にハイブリッドモデル追加

【AURIS】エクステリアデザイン<ハイブリッドモデル>

「オーリス」は欧州を強く意識した車両で、現行のE18#型は2代目となるモデルです。

欧州では好調な販売を続けていますが、国内ではボディサイズが等しい「プリウス」の陰に隠れて、人気は今一つの状態が続いています。

「オーリス」の国内販売台数が振るわない要因は、ハイブリッドモデルがグレードにないことと考えたトヨタは、欧州では既にシリーズに加えているハイブリッドモデルを、2016年4月より国内向けに追加投入しました。

ハイブリッドモデルが追加されたことにより、「オーリス」はノーマルガソリンエンジン、ダウンサイジングターボエンジン、ハイブリッドシステムの3タイプより、エンジンパワーを選択することが可能となりました。

ダウンサイジングターボエンジンを、シリーズに加えるあたりは「オーリス」らしい構成となっています。

欧州ではクリーンディーゼルとともに、ダウンサイジングターボエンジンは高く評価されています。

グレード構成の内訳は、ガソリンエンジンのみのモデルが1.5L、1.8Lと2タイプ存在し、1.5Lモデルは最上位のX“S Package”、中間グレードのX、ベーシックなX“C Package”となっています。

1.5Lモデルは全てのグレードで、2WDと4WDの選択が可能となっています。

1.8Lモデルでは上位グレードのRS、ベーシックグレードSと2タイプを用意しています。1.8Lモデルは2WDのみの設定となっています。

ターボエンジンの1.2Lモデルは、T“RS Package”とTとなっており、販売価格はどちらも同額の設定で、T“RS Package”は走りに向いた装備が優先されています。ちなみにターボエンジン搭載車も、2WDのみの設定となっています。

新たに追加されたハイブリッドモデルは、上位グレードのHYBRID“G Package”、ベーシックグレードのHYBRIDとなっています。ハイブリッドモデルも2WDのみの設定です。

今回の試乗となったのは、HYBRID“G Package”でHYBRIDモデルの上位グレードとなっています。

トヨタのアイデンティティーを感じるフロントデザイン

メッキのガーニッシュを多用し、細長いフロントヘッドランプで、シャープなフロントグリルを作り出しています。

ホンネットフード先端の高さは低く抑えられて、スポティーな印象です。

ルーフはリアへ向かってなだらかに下がるラインで構成され、ルーフラインのピークはフロントシート上部となっています。

エッジの効いたリアコンビネーションランプが、アクセントを作り出すリアビューです。

存在感を感じさせる大型のリアバンパーは、追突された場合の安全性を担保するデザインとなっています。

フロントからリアコンビネーションランプへ走るキャラクターラインが印象的です。

インテリアデザインは欧州テイストを感じさせる

ダッシュボード上端は低くフラットな印象を持たせます。

ボンネットフード先端は、スラントして低くなっているので分かり難くなっています。

メーターは楕円形2眼タイプで中央にマルチインフォメーションが表示されます。

ホワイトのインテリアカラーに、シート表皮は本革とウルトラスエードが使われる仕様です。

深さは不足気味ですが、外観から想像するよりも広いラゲッジスペースを確保しています。

アジャスタブルデッキボードと呼ばれる床板を装備して、二段式のフロアになっています。

リアシートを倒すとほぼフラットに近いフロアスペースです。

ZVW30型「プリウス」の流れを汲むTHS-Ⅱハイブリッドシステム

2ZR-FXEエンジン、3JMモーターを搭載するハイブリッドシステム。

エンジン最高出力99ps/5.200rpm、最大トルク14.5kgf・m/4.000rpm。モーター最高出力82ps、最大トルク21.1kgf・mのスペックです。

タイヤサイズは225/45R17が標準で装備され、タイヤはヨコハマアドバンdBが装着されています。

斬新さは無いが堅実なインテリアデザイン

ホワイトカラーを多用したインテリを持つ、「オーリス」HYBRID“G Package”に乗り込んでみます。

欧州を意識したと思われるインテリアデザインは、先進性は感じられませんが、クラシックとモダンさが融合した雰囲気を伝えて来ます。

シートはやや硬めに思える作りで、腰のある据わり心地です。

サイドサポートも平板な感じを伝えるシートのために、それほど強くは感じられません。

センターコンソールに配置されるエレクトロシフトマチックは、やや小型の形状でグリップ部分が小さく操作性は今一つです。

「オーリス」のイメージを考えれば、スポーティさを演出するシフトノブが欲しかったところです。

走行性能もこれまでの車の延長線上にあり分かり易い

「オーリス」に搭載されるハイブリッドシステムは、先代30型「プリウス」と基本的には同じシステムを採用していますが、駆動用バッテリーの搭載位置をリアシート下に変更するなどの改良が施されています。

その中でも走行フィールの改善は大きなポイントで、エンジンの回転数が先に上昇し、その後にスピードが乗って行く、ラバーバンドフィールを小さくし、エンジン回転とスピードがリニアに調和するシステムに進化しています。

実際にドラインビングしてみると、ダイレクト感が増しアクセルを踏み込むと機敏に反応する感じが伝わって来ます。

ただ、エアコンを使用した状態での信号待ちからの出足では、やや重く感じられモサッリとした反応を示します。これを解消するにはパワーモードを使用すれば良いのですが、燃費は当然ながら悪化してしまいます。

ステアリングから伝わって来る車のフィーリングは、インテリアデザイン同様古典的な分かり易いセティングと乗り心地です。

大径の扁平率が低いタイヤを履くために、サスペンションを固めて対応していますが、これが従来からあるセティングを踏襲していて、分かり易く乗り親しんできた車の反応を示します。

低速や路面状態が悪い道路では、コツコツと低扁平率タイヤ特有の乗り心地ですが、スピードが上がるにつれてフラットな乗り心地となります。

コーナーリング性能も、ワイドタイヤと固められたサスペンションで、リアタイヤの追随性も良く安定した走行をみせます。

ドラインビングして気になったのは、ブレーキフィールがトヨタハイブリッド車、初期の頃のようにカックンと効いてしまうことです。

ブレーキの当たりがついてからの制動が急に立ち上がる感じで、当たりがつく感覚も分かり難く、デリケートに踏まないとカクッと効かせてしまいます。ホンダハイブリッド車のブレーキフィールに良く似ています。

トヨタハイブリッド車のブレーキフィールは、ホンダハイブリッド車と比較して、一日の長があると感じていただけにこの感じは少し残念です。

4代目ZVW50型「プリウス」が進み過ぎたと思うなら「オーリス」です

「オーリス」は現行の4代目ZVW50型「プリウス」と比較すると、古典的なところが持ち味と言えるのかも知れません。

スタイリングは4代目「プリウス」ほど先進的ではなく、馴染み易いホディデザインをしていますし、インテリアデザインもオーソドックスにまとめられています。

TNGA1号車となった4代目「プリウス」は、低重心で走行性能を高めていますが、それにともないドライビングポジションもかなり低くなっています。

それに対して「オーリス」はリアシートを含め、標準的な乗用車のポジションとなっていますので、違和感なく車に馴染めると思えます。

4代目「プリウス」に試乗して、低いドライビングポジションや乗降性に抵抗があるなら、「オーリス」の試乗をお勧めします。

「オーリス」なら3代目「プリウス」から乗り換えても、さほどの違和感なく馴染める車となっています。

欧州テイストの「オーリス」HYBRID“G Package”メーカー希望小売価格は、2.832.545円となっています。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1