トヨタ「C-HR」見積りしてみた

スポンサーリンク
試乗記682×171

スタイリッシュSUV トヨタ「C-HR」いよいよ登場

ワールドワイドで展開される、トヨタの「C-HR」が2016年12月14日より、いよいよ発売開始されました。

これまでトヨタでは、このクラスのSUVが存在せず、ホンダ「ヴェゼル」やマツダ「CX-3」などと競合出来ず、ラインアップの谷間的な車種となっていました。

SUVブームも一段落した感はありますが、遅ればせながら登場した「C-HR」は、スタイリッシュなデザインで、ブームを再燃させる可能性を大いに秘めています。

新しく登場した「C-HR」のパワーユニットは、1.8Lハイブリッドと1.2Lターボで構成され、1.2Lターボは4WDの駆動方式を採用しています。

1.8Lハイブリッドは2WD、1.2Lターボは4WDと専用の駆動方式を採用し、2WDならハイブリッドから、4WDならターボから選ぶことになり明確に分けられています。

グレードはそれぞれ、豪華仕様 “G” と標準仕様 “S” の2タイプで、シンプルな展開としています。

グレードはシンプルに2グレード

グレードによる主な装備の違いは以下のようになっています。

C-HRGS
タイヤ225/50R18215/60R17
シート上級ファブリック+本革ファブリック
電動ランバーサポート(運転席)標準 ∗
シートヒーター(運転席・助手席)標準 ∗
インテリアカラーリコリスブラウンブラック
センターコンソールアッパー加飾ピアノブラックブラック
パワーウィンドウスイッチベース加飾ブラック+ピアノブラックブラック
インストルメントパネル加飾&
ドアインナーガーニッシュ
金属調+ソフト塗装金属調塗装
シートバックポケット運転席・助手席 ∗
ナノイー標準 ∗
運転席・助手席バニティミラー付サンバイザー運転席チケットホルダー・照明付運転席チケットホルダー付

上級グレードの “G” は、シートの一部に本革を使いシートヒーターが備わり、インテリアカラーもブラウンが追加されるなど、落ち着きのある仕上がりとなっています。

次にパワーユニットによる主な装備の違いを挙げてみます。

C-HR1.8Lハイブリッド1.2Lターボ
メーターハイブリッド専用コンビネーション2眼コンビネーション2眼メーター
エアコン左右独立温度コントロールフルオート(電動インバーターコンプレッサー付)左右独立温度コントロールフルオート
トランスミミッション電気式無段変速機7速スポーツシーケンシャルシフトマチック
ECB[電子制御ブレーキシステム]標準
駆動方式2WD4WD
車両接近通報装置標準 ∗
EVドライブモードスイッチ標準 ∗

メーターナセルには、ハイブリッドはEVパワーインジケーターが、ターボではタコメーターが備わります。

ターボではトランスミッションに、7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用し、ハイブリッドよりも、ダイレクト感のあるフィーリングを実現し、スポーツ走行に対応しています。

「C-HR」のメーカー希望小売価格は、

1.8Lハイブリッド

  • “G” 2,905,200円〜
  • “S” 2,646,000円〜

1.2Lターボ

  • “G-T” 2,775,600円〜
  • “S-T” 2,516,400円〜

燃費性能はグレードによる差が無く、ハイブリッドモデルが30.2km/L、ターボモデルが15.4km/Lとなっています。

1.8Lハイブリッド “G” の乗り出し価格

1.8Lハイブリッド “G” グレードの、乗り出し価格がどれ程になるのか、見積もりをとってみました。

乗り出し価格は3,923,902円となっていますが、おすすめの見積もり内容なので、必要でないものはカットすると、乗り出し価格はこれよりも、下げることができると思われます。

「C-HR」は多くのバックオーダーを抱えていて、現在、注文しても納車は2017年3月頃と言われていますので、値引き交渉では少々手こずるかも知れません。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1