トヨタ新型「カローラ」2018年初夏に登場

トヨタは(現地時間)3月30日~4月8日まで開催される、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新型「カローラ ハッチバック」を発表します。

米国では「カローラiM」で販売しているモデルの後継車種となり、名称を「カローラ ハッチバック」として夏より販売され、日本ではカローラ店から初夏より販売が開始される予定です。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

新型「カローラ ハッチバック」はTNGAにより低くワイドになって登場

新型カローラハッチバック(米国仕様)

ボディサイズは現行の車より全高が25mm低く、全幅は30mm、全長とホイールベースは40mm拡大されています。

全長4,370mm
全幅1,790mm
全高1,435mm
ホイールベース2,640mm

新型「カローラ ハッチバック」では、トヨタの新世代プラットフォームTNGA(GA-C)を採用し、加えてアルミ材、超高張力鋼板使用拡大や構造接着剤の最適化を行い、さらにスポット溶接の打点追加をしたことで、ねじり剛性を現行型より60%向上させています。

搭載されるエンジンは新しく開発された、直列4気筒直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」で、この新型エンジンは高速燃焼技術、可変制御システムを採用し、排気・冷却・機械作動時のエネルギーロスを少なくしています。

新型直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」

これにより熱効率を向上させるとともに、高出力を実現させ低回転から高回転まで全域でトルクアップを図り、各国の排気規制にも先行し対応させています。

このエンジンに組み合わされるパワートレーンは、世界初となる発進用ギヤを採用した新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」と、新型6速マニュアルトランスミッションが設定されています。

新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」

発進用ギヤが採用されたことで、今までのCVTに対して低速域の伝達効率を大幅に改善され、アクセル操作に応じたダイレクトでスムースな走りと、優れた燃費性能を実現しています。

足回りではフロントにマクファーソン・ストラット、リアにはダブルウィッシュボーンが採用され、ジオメトリの改善や構成部品の性能向上が図られ、現行車と比べると20mm低い重心が、上質なステアリング操作感や乗り心地、操縦安定性の向上に貢献しています。

ヘッドランプが「プリウス PHV」を思わせる新型「カローラ ハッチバック」

トヨタキーンルックは台形形状の大型ロアグリルに、アッパー部を合わせることで立体的な造形となっています。

ヘッドランプはJ字形状に光るBi-Beam LEDを採用。

リアはサイドからセンターのバックドア周辺に向けて大きく絞り込まれ、バックドアには樹脂材料を採用し、軽量化だけではなく、前方への傾斜角がより大きい形状としています。

薄型インパネと連続したドアトリムにより、心地よい開放感のある空間を演出しています。

幅が広く高さのあるセンターコンソールが、車格感を実現しピアノブラック素材にシルバー加飾やステッチを施すことで、上質感を演出しています。

新開発のスポーツシートは、ドライバーの自然な姿勢の運転を追求し、助手席はクッション材を改良することで乗り心地を向上させるとともに、フロント座席のヒップポイントを低くしてホールド性を追求しています。

マルチメディアシステム「Entune 3.0 Audio」と、タッチ操作が可能な8インチスクリーンが標準搭載され、Apple CarPlay、Wi-Fi Connect、Scout GPS Linkなどのアプリが利用可能となっています。

米国仕様の新型「カローラ ハッチバック」は、ヘッドランプが「プリウス PHV」に、近似性を感じさせるデザインとなっています。

国内で米国仕様車は3ナンバーサイズとなりますが、国内仕様車もこれに近いサイズで発売されると思われますので、「カローラ」は1966年の登場以来52年の時を経て、5ナンバーサイズから3ナンバーサイズへと、始めてサイズアップすることになります。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1