トヨタ新型ハリアー試乗してみた 2020/6FMC

トヨタ ハリアーZ E-Four 2020年

トヨタのアッパークラスSUVハリアーがフルモデルチェンジを行い、4代目となる新型モデルが登場しました。

ハリアーはラダーフレームをもつ本格的な4WDが主流の1997年に、乗用車カムリ(xv2#型)のプラットフォームを使い、高級サルーンのような上質な乗り心地と、豪華な室内をもつクロスオーバーとして初代が誕生します。

このワイルドな外観に快適な居住性を備えるコンセプトは、上級車のクラスにセダンにはない価値観を生み出すことに成功し、プレミアムSUVと言う新しいポジションを確立させます。

また、海外ではレクサスRXとして販売され人気を集めていましたが、3代目からは別のモデルとして取り扱われるようになり、3代目ハリアーは国内の専用車として登場しています。

しかし、新型モデルの4代目では再びグローバル展開が開始され、トヨタブランドの高級SUVとして、隙間のない充実したSUVラインアップを目指し販売が行われます。

今回試乗を行ったのは2.5LハイブリッドZのE-Four仕様で、GRのエアロパーツが装着された車両です。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

大胆に抑揚をつけたクーペスタイルのエクステリア

ボンネットのキャラクターラインからフェンダーへの膨らみは、大きな弧を描くような大胆なカタチです。

初代から使われたタカのエンブレムはトヨタ車共通のTマークに変更されています。

尖ったフロントにアクリルカバーなど、先代のアイデンティティを引き継いでいます。

Zグレードのバンパーサイドエアインテークはダミーではなく、実際に外気を導入するためのダクトが空いています。

全高は先代より30mm低くされ、ルーフから緩やかにリアに下がるルーフラインは、クーペのような印象をもたせます。

リアコンビネーションランプは先代より薄型で左右を繋ぐ一直線のデザインです。取付位置に賛否のあるウィンカーはバンパーに配置されます。

リアフェンダーの膨らみやバンパーの張り出しを強調するデザインです。リアコンビネーションランプも突出したカタチにしています。

ゴツさを無くしアーバンスタイルを追求した4代目

4代目となったハリアーのスタイリングは、よりスポーティな印象を強くするSUVとなっています。

基本的には先代のキープコンセプトで、イメージを引き継いではいるのですが、オーバーハングが短くなった外観は、走りへの期待にも応えるカタチとなっており、安定感が増したスタイルです。

また、クーペを彷彿とさせる姿は都会的な雰囲気が強くなり、SUVとは思えない程のスマートな仕上がりで、ゴツく感じさせるのを排除しています。

そのため、アッパークラスと考えるとやや素っ気ないエクステリアですが、前後フェンダーを張り出す曲線には迫力があり、抑揚の強いボディラインを作り上げています。

アーバンスタイルを追求するハリアーは、プラットフォームを共用するRAV4より、全長を140mm延長させた、伸びやかなフォルムが特徴となっています。

派手さを抑えスマートな上級を追求したインテリア

インパネは段差をつけた水平基調でデザインされ、ソフトパッドも多用されています。加飾のシルバーガーニッシュは、ギラつきを抑えた控えめの輝きです。

メーターは左側にハイブリッドシステムインジケーター、右にスピードメーターの2眼タイプを採用し、その間にマルチインフォメーションディスプレイを表示するオーソドックスな配置です。

なお、ステアリングは乗降時に自動でチルトする仕様です。

ATセレクトレバーはマニュアルシフト風のグリップが取り付けられ、エアコンはタッチ式の操作パネルを採用しています。

インパネはフロントシートへの圧迫を少なくするため、センターからドアへと張り出しを抑えた形状にしています。

オルガンタイプのアクセルペダルはRAV4と共通です。

馬の鞍をイメージしたとされるセンターコンソールは、幅が広く緩やかな弧をつけた形状です。

Zグレードは運転席8ウェイのパワーシートに、合成皮革+ファブリック表皮の組み合わせです。ちなみに助手席は手動式となっています。

クーペフォルムですがリアシートの頭上空間には余裕があります。

リアシート用空調送風口の下には充電用のUSBジャックが2個備わります。

荷室容量は456Lとゴルフバッグが3個入る設定です。長さは十分に確保されていますが、フロア位置が高いので、かさばるものは積み難いと思われます。

荷室フロアの下にもトレイが設置されます。深さがなく浅いので入れられるものは限られそうです。

リアシートを倒すと992Lの容量です。シート部分がやや高くフルフラットにはならない設計です。

豪華ではないが上級車のテイストをもつ室内

室内は大型のセンターコンソールや階段状のインパネなど、上級クラスを感じさせるデザインが目を引き、レザーを多用した内装は落ち着いた質感を作り出しています。

ギラついた豪華さを期待すると肩透かしを食うのですが、今日的なトヨタトレンドに沿った仕上げは、凝った加飾を抑える傾向にありシンプルな印象をもたせます。

オールレザーとも思えた内張も、部分的にハードプラが使われており、レザーを使用する箇所とそうでないところをしっかりと区別しています。

質感が統一され実際に触れてみないと分からないほど、その造りは見事でクオリティの高さが窺えるのですが、その反面しかっりとコスト管理が行き届いたクールさが、この印象に繋がるのかも知れません。

しかし、そうは言ってもステッチを入れたレザーは豊かな雰囲気を創り出しており、行き過ぎない豪華さは、加飾の少ない外観ともマッチし、バランスのとれたインテリアとなっています。

スマートな力強さと上質な乗り心地を備えた走り

E-Fourシステムのパワーユニットは最高出力178PS/5,700rpm最大トルク22.5kgf・m/3,600-5,200rpmの2.5Lエンジン+最高出力120PS最大トルク20.6kgf・mの3NM型モーター+最高出力54PS最大トルク12.3kgf・mの4NM型モーターを搭載し、システム最高出力は222PSを発揮します。

スポークタイプの高輝度アルミホイールには、225/55R19サイズのトーヨープロクセスR46が装着されています。

システム最高出力222PSを発揮するE-Fourの走りは、やはり強力でアクセルを踏み込むと、大柄なボディがスッと前に出て行き加速を開始します。

しかし、車両が1,740kgとRAV4より50kg重くなっていることもあり、RAV4のググッと後ろから押されるような感じはなく、穏やかにスピードが増すフィーリングは、パワフルさを期待すると少々物足りないのですが、上級SUVとして考えるとクルマの性格にマッチし、モーターの出力もハリアー用と思わせるスマートな出し方です。

また、この穏やかな加速に合わせるように、粗さがない走りはスムーズで、極微低速域でもスムーズな動きをするショックアブソーバーが、路面からの振動を上手く吸収し都市型SUVとしての特徴を強く感じさせます。

加えて室内は静粛性が高くサルーンに迫る静かさを実現させており、同じプラットフォームのRAV4が、そこそこ賑やかな室内であると思わせるほど、かなり遮音性能を高めていることが分かります。

4代目となったハリアーは都市型SUVとしての立ち位置を、益々明確にしたモデルとなり、クーペのようなスタイルは荒々しさがなくスマートで、静かな室内は豊かで落ち着ける空間を作り出しています。

今回試乗したZハイブリッドE-Fourのメーカー希望小売価格は4,740,000円です。

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1