トヨタ「パッソ」(2018/10MC)試乗してみた

トヨタのコンパクトハッチ「パッソ」が、マイナーチェンジを行い登場しました。

「パッソ」はトヨタが扱う乗用車の中では、最も小さな車で製造はダイハツが行い、ダイハツは「ブーン」として販売しています。

初代は2004年に誕生し「ヴィッツ」とともに、ベーシックなコンパクトカーとして、トヨタのボトムエンドを担っていましたが、その後「ヴィッツ」の大型化で「パッソ」は、トヨタ最小となっています。

現行の3代目となるモデルは2016年に登場し、キャッチコピーは「軽じゃないK」とされ、軽自動車の技術で作られた、スモールカーであることを大きくアピールしています。

マイナーチェンジは2018年10月に実施し、グリルを大型化するなどの意匠変更を中心とした変更が行われ、ドライバー支援の衝突回避支援システムは、スマートアシストⅡから、スマートアシストⅢに進化しています。

今回試乗を行ったのはドレスアップ仕様の「MODA」シリーズ上位グレード“G package”です。

なお、「パッソ」には「MODA」シリーズの他に、ノーマルシリーズの「X」があり、幅広いユーザーに対応しています。

スポンサーリンク
試乗記682×171

ボリュームを増した顔で存在感を高めた「パッソMODA」

マイナーチェンジ前では上下に分けられていた、フロントグリルが大きな一体型となり、フォグランプベゼルも形状が変えられたため、大きくボリュームのある顔つきになっています。

試乗車はオプションのドレスアップパッケージが装着され、フォグランプベゼルにはLEDイルミネーションが装備されます。

サイド部分は基本的にマイナーチェンジ前と変わらないデザインで、ボディカラーが単色でも、A、B、Cピラーのブラックアウト処理は引き続き継続されています。

リヤバンパーのガーニッシュが廃止され、リフレクターベゼルがL字型に変えられていますが、その他はマイナーチェンジ前と同じデザインです。

試乗はブラックマイカメタリック×ダークエメラルドマイカですが、流行のカッパー色に塗られた、ブラックマイカメタリック×ブリリアントカッパークリスタルマイカと、ブリリアントカッパークリスタルマイカも用意されます。

標準のタイヤサイズは165/65R14ですが、試乗車にはドレスアップパッケージ仕様のため、専用のアルミホイールと、175/55R15サイズのダンロップエナセーブが装着されています。

流行のカッパーカラーを取り入れたインテリア

インパネはマイナーチェンジ前と同じデザインですが、オーディオクラスター、サイドレジスターリングの加飾が、マゼンダから流行のカッパーカラーに変更され、エアコンのパネルはブラックピアノで質感を高めています。

シフトノブはドレスアップパッケージのため本革が巻かれます。

“G package”グレードは本革巻ステアリングホイールが標準装備されます。

ドレスアップパッケージは合成皮革+ファブリックシートの仕様です。

ラゲッジスペースはやや狭く多くの荷物を積むには工夫が必要です。

マイナーチェンジ前と変わらずしかっりとした乗り心地

深いエメラルドグリーンに塗られた「パッソ」は、マイナーチェンジ前と比べると、フロントグリルが大きくなり、存在感を主張するデザインとなっています。

迫力と言う部分では確実に向上したデザインですが、車のクラスを考えると少し重く感じられ、メインターゲットとなる女性ユーザーは、どのように評価するか少々気になります。

車に乗り込むと立ち気味のステアリングと、短めの座面のシートはマイナーチェンジ前から、変わらぬ特徴ですが、濃いマゼンダカラーの加飾が、カッパーカラーに変わったことで、インテリアは随分落ち着いた雰囲気となっています。

また、空調パネルのピアノブラックがインパネに質感を加えており、これまでの女性しか乗れないような「MODA」から、男性でも乗れる車へと変わっています。

シフトレバーをDレンジに入れ走りだすと、足回りはしっかりとした硬めの乗り心地で、変に女性を意識し、フワフワの足回りとしなかったところは、マイナーチェンジ前と変わらず良い部分です。

しかし、操作系は女性を意識し軽いタッチで仕上げており、大きな不満はないのですがトータルでの車の持ち味としては、ややバランスを欠くようにも感じられます。

乗り心地はタイヤがオプション仕様の55扁平のため、ファッション性とカーブでの安定性は良いのですが、コツコツとした突き上げが若干感じられ、乗り心地を重視するなら標準仕様の65扁平タイヤがおすすめです。

「パッソ」のマイナーチェンジは、落ち着きと存在感を高める変更で、これまでとは少し違うコンパクトカーの雰囲気を作り出しています。

今回、試乗した「パッソ MODA」“G package”2トーン(2WD)のメーカー希望小売価格は、1,749,600円ドレスアップパッケージは+50,760円です。

「パッソ MODA」“G package”主要装備

  • Bi-Beam LEDヘッドランプ
  • MODA専用LEDフロントフォグランプ
  • クリアタイプリヤコンビネーションランプ
  • ボディ同色サイドターンランプ付オート電動格納式リモコンドアミラー
  • 2眼/シルバー加飾付オプティトロンメーター
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • プッシュ式オートエアコン
  • センターオーナメン付165/65R14タイヤ&14×5Jアルミホイール
  • 衝突回避支援システムスマートアシストⅢ

オプション装備・ドレスアップパッケージ

  • センターオーナメント付175/55R15タイヤ&15×5Jアルミホイール
  • フロントフォグランプベゼルLEDイルミネーション
  • 合成皮革+ファブリックシート表皮
  • 本革巻きシフトノブ

「パッソ」カタログスペック(2WD)

全長(mm)3,680
全幅(mm)1,665
全高(mm)1,525
ホイールベース(mm)2,490
エンジン種類直列3気筒
排気量(L)0.996
最高出力(PS/rpm)69/6,000
最大トルク(kgm・f/rpm)9.4/4,400
サスペンションフロントマクファーソンストラット式
リアトーションビーム式
ブレーキフロントベンチレーテッドディスク
リアリーディングトレーリング式ドラム
最小回転半径4.6
車両重量(kg)910
燃料消費率WLTCモード(km/L)21.0
JC08モード(km/L)28.0

「パッソ」グレード構成と価格

MODA シリーズメーカー希望小売価格X シリーズメーカー希望小売価格
G package1,695,600円~G package1,474,200円~
MODA1,533,600円~L package・S1,344,600円~
S1,242,000円~
X1,177,200円~

「パッソ」の装備内容とお買い得グレードを紹介しています。

トヨタ「パッソ」(2018/10MC)お買い得グレードを考えてみる | tatumiの車探訪記
2016年に登場した3代目のトヨタ「パッソ」が、2018年10月に存在感を高めるマイナーチェンジを行いました。「パッソ」はトヨタのボトムレンジを担う、コンパクトスモールカーですが、開発と製造はダイハツが行い、軽自動車の技術を使い小型車を作り上げています。お得な価格の「パッソ」のお買い得グレードを考えてみます。
スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1