トヨタ「シエンタ」特別仕様車G Cuero のお得度を検証してみた

スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル

特別仕様車「シエンタ」 G Cuero はどんな車?

「シエンタ」は3列目シートを持つミニバンですが、コンパクトなサイズによる取り回しの良さが特徴で、気軽に乗れるミニバンとして定評があります。

この人気ミニバン「シエンタ」に、特別仕様車 G Cuero (クエロ)が追加されています。

特別仕様車 G Cuero(クエロ)は、同じ3列目シートを持つコンパクトミニバン、ホンダ「フリード」」に対し競争力を高め、「シエンタ」に活性化を与える役割を持つモデルです。

今回はこの「シエンタ」特別仕様車 G Cuero(クエロ) のお得度を検証してみたいと思います。

特別仕様車 G Cuero (クエロ)は、そのネーミングから想像されるように、G グレードがベースとなり仕上げられて、 G グレードは「シエンタ」の上級グレードとなっています。

特別仕様車 G Cuero (クエロ)とベースモデル G との装備と価格を比較してみます。

シエンタ(2WD)ハイブリッドモデル G Cueroハイブリッドモデル Gガソリンモデル G Cueroガソリンモデル G
高遮音性UVカット機能付ウインドシールド グリーンガラス標準装備標準装備標準装備オプション
Toyota Safety
Sense C
標準装備オプション標準装備オプション
ヘッドランプLEDハロゲンLEDハロゲン
リヤコンビネーションランプLEDノーマルLEDノーマル
フロントフォグランプ標準装備オプション標準装備オプション
コンライト標準装備オプション標準装備オプション
ステアリングホイール本革巻+オレンジステッチ本革巻本革巻+オレンジステッチ本革巻
シフトノブ本革巻+オレンジステッチ本革巻本革巻+オレンジステッチ本革巻
フロントドアトリム上級ファブリックファブリック上級ファブリックファブリック
シート表皮専用上級ファブリック&合成皮革+オレンジステッチ上級ファブリック専用上級ファブリック&合成皮革+オレンジステッチ上級ファブリック
メーカー希望小売価格2,465,855円(7人乗り)2,329,855円(7人乗り)2,116,327円(7人乗り)1,980,327円(7人乗り)

出典:トヨタ自動車ホームページ「シエンタ G Cuero」 http://toyota.jp/sienta/interior/

出典:トヨタ自動車ホームページ「シエンタ G Cuero」 http://toyota.jp/sienta/interior/

オレンジステッチが印象的な G Cuero (クエロ)のインテリア。

出典:トヨタ自動車ホームページ「シエンタ G 」 http://toyota.jp/sienta/interior/

ノーマルグレード G のインテリア。

ハイブリッドモデル、ガソリンモデル共に、 G Cuero と G の差は136,000円となっています。

上質なのにお買い得な「シエンタ」G Cuero

では、G グレードにオプションを追加し G Cuero の装備に近づけてみます。

シエンタ(2WD)ハイブリッドモデル G Cueroハイブリッドモデル Gガソリンモデル G Cueroガソリンモデル G
高遮音性UVカット機能付ウインドシールド グリーンガラス標準装備標準装備標準装備追加装備
Toyota Safety
Sense C
標準装備追加装備標準装備追加装備
ヘッドランプLED追加装備LED追加装備
リヤコンビネーションランプLED追加装備LED追加装備
フロントフォグランプ標準装備追加装備標準装備追加装備
コンライト標準装備追加装備標準装備追加装備
ステアリングホイール本革巻+オレンジステッチ本革巻本革巻+オレンジステッチ本革巻
シフトノブ本革巻+オレンジステッチ本革巻本革巻+オレンジステッチ本革巻
フロントドアトリム上級ファブリックファブリック上級ファブリックファブリック
シート表皮専用上級ファブリック&合成皮革+オレンジステッチ上級ファブリック専用上級ファブリック&合成皮革+オレンジステッチ上級ファブリック
メーカー希望小売価格2,465,855円(7人乗り)2,489,695(7人乗り)2,116,327円(7人乗り)2,140,167(7人乗り)

G グレードにオプションを追加しても、ステアリングホイール、シフトノブ、フロントドアトリム、シート表皮が、特別仕様車 G Cuero と同じになりませんが、G グレードにオプション追加で、23,400円 G Cuero よりも高くなります。

特別仕様車 G Cuero は「シエンタ」にオプション装着率の高い、Toyota Safety
Sense CとLEDランプパッケージを装着し、お得感を出したモデルと考えられます。

更に特別に使われるオレンジステッチは、インパネのオレンジとともに、インテリアのアクセントとなり、ノーマル「シエンタ」とは違う雰囲気を造り出しています。

合成皮革が使われるシートも、カジュアルな「シエンタ」を、上品な「シエンタ」に変身させ質感を向上させています。

G グレードに Toyota Safety Sense C と LEDランプパッケージ を装着するのなら、特別仕様車 G Cuero は、大変お買い得で外せない車となっています。

「シエンタ」の試乗記事はこちらです。

新型トヨタ「シエンタ」試乗してみた
2015年7月より発売を開始した2代目新型「シエンタ」。初代より途中中断をはさんで、12年ぶりに、フルモデルチェンジを実施したボディスタイルは、先代のイメージを大きく変える、スポティーなスタイルになり、ファミリーカーのイメージを払拭しています。ハイブリッドモデルもシリーズに加わり、その走りや選び方を紹介します。

トヨタ「シエンタ」ホンダ「フリード」の比較記事はこちらです。

ホンダ「フリード」トヨタ「シエンタ」比較してみた
コンパクトミニバンでライバル関係にある、ホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」。「フリード」のモデルチェンジが遅れ「シエンタ」に独走されていましたが、いよいよ新型車が投入され巻き返しを図っています。待ちに待った新型「フリード」は人気を博している「シエンタ」を超える魅力を備えているのでしょうか。比較してみました。
スポンサーリンク
試乗記レスポンシブル
試乗記レスポンシブル

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1