トヨタ「ヴィッツ ハイブリッド」試乗してみた

「ヴィッツ」に待望のハイブリッドシステムを搭載

【ヴィッツ】Vitz Hybrid for Ladies

3代目となるトヨタ「ヴィッツ」が2017年1月にマイナーチェンジを実施しました。

マイナーチェンジの内容はハイブリッド車の追加と、大きく変えられたフロントとリアの、エクステリアデザインです。

更にプラットフォームは、スポット溶接箇所を増やしボディ剛性の強化を行い、足回りはショックアブソーバーのバルブを新構造として、減衰力を向上させています。

待望のハイブリッドシステムを搭載した「ヴィッツ」の、今回試乗となったモデルは HYBRID F です。

開口部を大きくし迫力を増したキーンルックのフロント

台形型に大きく開いたフロントの開口部が、トヨタキーンルックをより強く感じさせるデザインです。

フロントはセンター部分が少し前に出ており、ノーズがある形状は現行型「プリウス」と通じる作りです。

サイドのラインはマイナーチェンジ前と変更がなく、気が付くのはリアドアの小ささです。

リア部分の変更は大きくテールゲートのプレスを変更し、テールゲートまでリアコンビネーションランプを配置して、横に長いデザインとしています。

この変更によりワイドで安定感のあるイメージを作り出しています。

テールゲートウィンドの傾斜はやや強めで、実用的なコンパクトカーと考えると、やや不利に思えるデザインです。

搭載されるハイブリッドシステムは、成熟が進む1NZ-FXE型エンジンに、1LM型モーターの組み合わせで、基本的な部分は「アクア」と同じものですが、「ヴィッツ」に搭載するにあたり、細かな改良が施されています。

スペックはエンジン最高出力74PS/4,800r.p.m.最大トルク11.3kgf・m/3,600~4,400r.p.m.、モーター最高出力61PS最大トルク17.2kgf・m の性能です。

燃費性能は33.4km/Lとなっています。

タイヤサイズは175/70R14サイズで、タイヤはブリジストンエコピアが装着されています。

質感は高めたがやはり時代を感じさせるインテリアデザイン

マイナーチェンジにより、質感を上げていますが基本設計の古さは否めないインパネのデザインです。

センターにスピードメーターと、左にハイブリッドシステムインジケーターを、円形のメーターナセルに配置しています。

フロントシートはハイバック型一体式ヘッドレストを採用しており、ブラックカラーの表皮素材はファブリック仕様です。

リアシートの足元空間は、コンパクトカーとしては標準的なレベルで、つま先を前席シート下に潜り込ませることが出来るので、楽な姿勢が取り易くなっています。

ラゲッジスペースは、クラスを考えれば標準的な広さと思えますが、それ程の積載量容量はありません。又、リアシートを倒してもフラットなフロアとはすることが出来ません。

フラットなフロアとするためには、アジャスタブルデッキボードを、オプションで購入(F を含めた一部のグレード)することが必要となりますが、底上げされるために容量は少なくなります。

ヨーロッパ仕様の足回りを組み込んだ走りは軽快でスムーズ

マイナーチェンジされ、ハイブリッドシステムを搭載した「ヴィッツ」 HYBRID F は、コンパクトな佇まいですが、フロントから見ると攻撃的で威圧感を漂わせるデザインです。

女性ユーザーを強く意識していると思える「ヴィッツ」の販売戦略ですが、この迫力のあるフロントは少しやり過ぎの感があり、賛否がハッキリしそうなデザインです。

室内に乗り込むとブラックのインパネは、曲線を多く用いたラインで構成されており、現行の「ヴィッツ」が発売された2010年では、ベーシックなコンパクカーとして標準的なものでしたが、流石に7年が経過した現在では時代を感じさせます。

シートに収まりドライビングポジションを決めると、インパネの上端がやや高く感じられ、ポジションか視界かで、少し妥協点を見つける必要があります。

シートはエクステリアデザインに合わせてか、硬めでレーシーな感触を与えるもので、この部分も女性ユーザーには、賛否が出そうな仕上がりです。

「ヴィッツ」を走らせて最初に感じたのは、アクセルに素早く反応する発進加速の良さです。

この反応の良さは、エンジンとハイブリッドシステムが、従来よりも改良されて「ヴィッツ」に搭載されたことによるもので、中々小気味よい元気な出足です。

足回りはヨーロッパで使用されているものを組み入れ、硬めに仕上げて安定性を高めたとされていますが、ドライブした感覚は確かに柔らかくは無いが、硬いと言う程でも無いと言う印象です。

このサスペンションは、カーブでも不安無く踏み込んで行ける頼もしさがあり、コンパクトカーらしいキビキビとした動きを「ヴィッツ」に与えています。

溶接個所を増やしボディ剛性を高めたとされる部分は、今回の試乗で感じることは出来ませんでしたが、ボディが軋むような揺れや音は無かったので、その効果はシッカリとした走りに表れていると思えます。

マイナーチェンジされた「ヴィッツ」は、CMのイメージとは違い、ヨーロッパ仕様の良い部分が与えられた、ハードでドライブして楽しいコンパクトカーです。

今回試乗した「ヴィッツ ハイブリッド」 HYBRID F のメーカー希望小売価格は、1,819,800円(2WD)となっています。

「ヴィッツ」と「アクア」を比較したのはこちらの記事です。

トヨタ「ヴィッツ」「アクア」比較してみた
トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」と「アクア」は、その手頃なサイズから、誰にでも扱い易い車として高い人気を持っています。「ヴィッツ」にも待望のハイブリッドシステムが搭載され、両車の関係は益々近づいたと思えるのですが、実際のところはどうなのでしょうか。「ヴィッツ ハイブリッド」と「アクア」を比較してみます。
スポンサーリンク
試乗記レクタングル(大)
試乗記レクタングル(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1