ホンダ「ヴェゼル」TOURING試乗してみた

国内外で高い人気を集めるコンパクトSUVホンダ「ヴェゼル」に、新グレード“TOURING”が追加されました。

“TOURING”はこれまでハイブリッドと、ガソリンモデルをラインアップしていた「ヴェゼル」に、1.5LVTEC+ターボエンジンを搭載したモデルです。

「ヴェゼル」は2013年12月に登場して以来、初のマイナーチェンジを2018年2月に行い、走行性能の質を向上させていましたが、ターボエンジン搭載による走りが、どのように変わったのか非常に興味が沸きます。

試乗となったのは新色となるスーパープラチナグレー・メタリックに塗られた車両です。

スポンサーリンク
試乗記682×171

「ヴェゼル TOURING」のスペック

「ヴェゼル」はこれまで“RS”が、トップグレードとして位置付けられて来ましたが、これからは“TOURING”がトップグレードとして置き換えられます。

これまでのトップグレード“RS”と、新しくトップグレードとなる“TOURING”の違いを確認してみます。

TOURINGRS
ハイブリッドガソリン
エンジン最高出力(PS/rpm)172/5,500132/6,600131/6,600
最大トルク(kgf・m)22.4/1,700-5,50015.9/4,80015.8/4,800
モーター最高出力(PS/rpm)29.5/1,313-2,000
最大トルク(kgf・m)16.3/0-1,313
車両重量(kg)1,3601,3101,210
燃費性能JC08モード(km/L)17.625.620.2
トランスミッションCVT7速DCTCVT
アジャイルハンドリングアシスト標準装備
燃料タンク容量(L)504040

“TOURING”はターボエンジンのため、NAエンジンの“RS”より最高出力、最大トルクは大きく上回っています。

しかし車両重量はバッテリーなどを積む“RSハイブリッド”より、“TOURING”が重く造られ意外に感じます。

燃費性能は“RS”ハイブリッドが良く、ターボエンジンの“TOURING”は最も悪い性能です。そのためか燃料タンク容量は増やされています。

また、“TOURING”は4輪に独立してブレーキをかけ、コーナリングをアシストするアジャイルハンドリングアシストが装備されます。

トップグレードとして差別化を図る“TOURING”

ヘッドランプガーニッシュがブラックにされ、フロンントグリルはクロームメッキで加飾されます。バンパー下のロアーグリルは“TOURING”専用デザインとし差別化を図っています。

“TOURING”のボディロアーガーニッシュはグレーメタリックで塗られます。形状は“RS”と同じ仕様です。

左右2本出しのデュアルエキゾーストマフラーが、スポーティテイストを演出します。

ルーフレールが装着されるのは“TOURING”と“Z”グレードのみです。

1.5LVTEC+ターボエンジンは「ヴェゼル」のエンジンルームに隙間なく搭載されています。

グレー塗装されたアルミホイールに、タイヤは225/50R18サイズのミシュランプライマシー3が装着されます。プライマシー3はトータラバランスを追求した、ハイパフォーマンスタイヤです。

質感を高めるダークグレー/ブラウンのインテリア

専用色となるブラウンをインパネにも使い室内の質感を高めています。“TOURING”のブラウンは、“Z”に使われるジャズブラウンより落ち着いた色合いです。

中央に大径のスピードメーター、左にタコメター、右にマルチインフォメーションディスプレイのメーターは、スタンダードですが見易いデザインです。

ステアリングは滑らかな触感が特徴のスムースレザーが使われます。

操作性を高める本革のシフトノブは“TOURING”と“RS”のみに装備されます。

センターが室内側へ張り出しドア方向へと引き込む形状のインパネは、フロントシートに広がりをもたせ、余裕のある空間を作り出します。

ステンレス製のスポーツペダルは、“TOURING”と“RS”のみに装備されます。

“TOURING”のダークグレー/ブラン専用コンビシートには、新たにヘッドレストの前後調整機能が、運転席と助手席に加わります。

クーペボディですがリアシートは余裕のある広さをもち、スタイルと実用性を両立させています。

ラゲッジスペースはVDA方式393Lの大きな容量を備え、開口部も低い位置から開くため実用性が高く使い勝手に優れています。

渋さを加えた“TOURING”のエクステリア

“TOURING”の基本的なデザインは、“RS”から受け継がれていますが、ボディーロアーガニッシュ、ホイールカラーを変え、ルーフレール、デュアルエキゾーストマフラーを装備することにより差別化を図っています

試乗車は新色のスーパープラチナ・グレーメタリックに、塗られていることもあり、“RS”より落ち着きのある渋い印象を与えます。

フロントはクロームメッキの輝きと、ブラックガーニッシュがコントラストを作り、渋いボディカラーの試乗車は、メッキの明るさが強調され、暗闇の中で目が光る獣のような雰囲気です。

スポーツテイストを演出するリアのデュアルエキゾーストマフラーは、控え目な大きさで目立たなくデザインされており、もう少し存在を主張するほうが良かったのではと思えます。

室内は“TOURING”専用のダークグレー/ブランのシートと、ブラウンで加飾されたインテリアが、質感高く仕上げられ上質な空間を作り出しています。

ホンダ車はシンプルな内装が目立ちますが、その中で「ヴェゼル」は豪華な印象を与えるモデルのため、衰えない人気に繋がっているとも感じられます。

車に乗り込みポジションを合わせると、大きめなシートはゆったりとした座り心地で、サイドサポートも適度な感触となるリラックスした姿勢です。

エンジンを始動させると排気音が響く「シビック」とは違い、静かに鼓動を伝える「ヴェゼル」は、静粛性が非常に高く感じられます。

「シビック」は排気音の演出を意識的に行っている部分もありますが、同じ1.5Lのターボエンジン搭載でスポーツテイストでも、「ヴェゼル ツーリング」は違うコンセプトです。

トランスミッションがCVTとなるため、セレクトレバーはハイブリッドモデルより大きなグリップですが、非常に操作性に優れポジションも自然で扱い易い位置です。

ハイブリッドモデルのセレクトレバーは、未来感のあるデザインが玩具のようで、操作性ではCVTモデルが勝っています。

“TOURING”は走り出すと静かな室内のままスルスルとスピードを上げて行きます。

エンジントルクがフラットなため体感的な速さはないのですが、スピードメーターはそれに反し上昇して行くフィーリングです。

これまでエンジンが唸りを上げて登っていた、カーブが連続する山道でもターボエンジンのパワーで、エンジンの回転はそれほど上昇せず余裕の走りをみせます。

さらにECONを解除するとアクセルに対しての反応が早くなり、リズム良くカーブを抜けることが可能で、パワーアップした力を実感させられます。

このアップした出力に対して“TOURING”のハンドリングは、これまでの「ヴェゼル」シリーズとは違い安定志向で直進性を重視した設定です。

剛性が増したボディは硬質感が伝わり、シッカリとしているのですがその反面で、曲がらない印象が強くなっています。

“RS”ではステアリングの操作に対して、しなやかなロールで車が反応しカーブを抜けていく、猫足のような走りが特徴的でしたが、“TOURING”の足回りは硬めでアンダーステアを強く意識させます。

この硬めの“TOURING”の足は、同じタイヤサイズの“RS”と比べると、常にコツコツと振動をシートに伝え、乗り心地では劣る印象です。“TOURING”の室内は静粛性が高いだけに、このあたりはややアンバランスに感じます。

新たにトップグレードとして追加された「ヴェゼル “TOURING”」は、パワーアップしたエンジンに対して足回りを硬くし直進性を向上させています。

これまでの「ヴェゼル」とは少し違いますが、高速道路を長時間走るには疲れ難い特性のハンドリングで、そのような使い方をするユーザーにはおすすめのグレードです。

スタイルも完成度が高くなり室内も質感が向上した、「ヴェゼル “TOURING”」のメーカー希望小売価格は2,903,040円です。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1