事故車が修復歴車とは限らない

スポンサーリンク
試乗記682×171

本当に事故車(修復歴車)だろうか

事故修理により「買取金額が下がってしまうのでは無いか」と買取額に不安を抱える時は、実際にあなたの車が、大きく買取額が減額されてしまう「修復歴車」に当たるのかを考えて見ましょう。

車のボディを、構成する重要な骨格に、事故や災害などで損傷を受け、交換や修理した車を「修復歴車」として扱い、買取価格が減額される対象となります。

その対象箇所は

  1. フレーム
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア
  9. ラジエータコアサポート

になります。これらを、交換もしくは修理した車が「修復歴車」となります。

「修復歴車」では無い

つまり、車をぶつけて、バンパー、ドア、ボンネット、フェンダー、など外板を交換や修理していても「修復歴車」とはなりませんので、大幅な減額の対象にはなりません。

事故で修理していても「修復歴車」で無い限り、不当な減額はされない様注意しましょう。

「修復歴車」でも買手は有る

仮に、「修復歴車」に当たるとしても、どの程度の減額をするかは、それぞれ買取店の判断に依ります。

諦めずに複数の買取店で、査定見積りを貰い交渉する事は大事です。

「修復歴車」でも、その車を必要とする店が有れば、それなりの値段が付きます。

スポンサーリンク
試乗記682×171
試乗記682×171

シェアする

フォローする

関連コンテンツユニット1